Snow Man宮舘涼太、麒麟・川島&神田愛花と息ぴったりキメポーズ 新CMで“〆まで”鍋を堪能

0

2022年09月30日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ミツカン『〆まで美味しい鍋つゆ』シリーズ新CMに出演する(左から)神田愛花、川島明、宮舘涼太
人気グループ・Snow Manの宮舘涼太が、10月3日から放送開始されるミツカン『〆まで美味しい鍋つゆ』シリーズの新CM「『ごま豆乳鍋つゆ 今晩何で〆るん会」』篇、「『焼あごだし鍋つゆ 今晩何で〆るん会」』篇に出演する。麒麟の川島明、神田愛花の3人が鍋を〆まで楽しむ“今晩何で〆るん会”を結成する。

【動画】川島明×宮舘涼太×神田愛花が鍋を囲む新CM

 今回の新CMでは、3人が鍋を〆まで楽しむシーンが描かれており、ごま豆乳鍋にパスタを入れてカルボナーラ風の〆や、焼あごだし鍋にたこ焼きを入れて明石焼き風の〆を披露している。楽しみながらおいしそうに食べる3人の表情、そして“今晩何で〆るん会”のフレーズに合わせ、まるでヒーローのキメのような息ぴったりの“鍋〆ポーズ”が見どころとなっている。

■出演者インタビューコメント

――今回CMに出演した感想は。

川島:普段から食べている商品で、日ごろからお世話になっているメンバーだったので、今日の日に人生のピークをもってこようと、とても体調などを気にしていました。無事に3名で撮影を終えることができて、本当にうれしく思います。とても楽しい撮影でした。

宮舘:まずは本当にありがとうございます。という気持ちです。実際に撮影を終えてみて、「楽しかった」という印象です。やはり鍋は〆も大事にするということで、今日はさまざまな〆レシピを試せてとてもありがたかったです。撮影の合間にはクイズコーナーもあり、とても楽しい撮影でした。

神田:我が家には常備で置いてある鍋つゆなので、まさか私がそのコマーシャルをさせて頂けると思っていなかったので、ここまで頑張ってきて良かったなと思いました。知らない〆の方法も勉強できて、しかも簡単でおいしく、とても楽しい撮影でした。

――CMで試した〆レシピの感想は?
川島:ごま豆乳鍋つゆで作ったカルボナーラは、和風感があって、とてもおいしかったです。あごだし鍋つゆで作った明石焼きも、私は関西人ですが、明石焼きで〆るなんて初めて聞きましたし、簡単でとてもおいしかったです。

宮舘:これまでの〆は、ご飯などを入れることなどが主流だと思っていましたが、今回ごま豆乳鍋つゆにパスタを入れてみて、初めて食べてみましたが、とてもおいしく、〆の概念が変わりました。〆はここまで進化しているのかと思いました。焼あごだし鍋つゆで作った明石焼きも自分の出番が待ちきれないくらいおいしかったです。ぜひみなさんに試していただきたいと思います!

神田:カルボナーラと聞くと、少し重いかなというイメージがあるのですが、ごま豆乳鍋つゆで作ったカルボナーラは、〆にふさわしく軽く、でもコクがあるカルボナーラになっていてとても美味しかったです。焼あごだし鍋つゆで作った明石焼きも、よくお出汁を吸っていて、噛かんだ時の「じゅわ〜」と染み出すおつゆがたまりませんでした!

――CM通じて伝えたい思いは?

川島:この鍋つゆシリーズは、鍋自体ももちろんおいしいですが、オリジナリティのある〆をみなさんご家庭でやっていただきたいと思います。ぜひ、鍋の向こう側へいっていただきたいと思います。〆方は本当に無限大なので、いろんな〆レシピを模索していただいて、どんどん周りに拡散していただきたいと思います!


動画を別画面で再生する



    ニュース設定