葛葉&渋谷ハル、VTuber初の『anan』表紙 バディ感あふれる2ショットを人気絵師が描き下ろし

0

2022年09月30日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『anan2318号』スペシャルエディション表紙 (C)マガジンハウス
VTuberの葛葉と渋谷ハルが、10月5日発売の女性グラビア週刊誌『anan』スペシャルエディション版(マガジンハウス刊)の表紙に登場する。VTuberとして同誌の表紙を初めて飾り、バディ感あふれる2ショットを披露する。

【写真】『LINEマンガ』の特別企画に声で参加した“VTuber”葛葉

 葛葉は「にじさんじ」に所属するVTuberで、ニートの吸血鬼であり、ペットのぶたと一緒に生活をしている。ゲームの腕前はもちろん、ワードセンスにも定評があり、YouTubeチャンネル登録者数は140万人(9月現在)。今年3月に1stミニアルバム『Sweet Bite』でメジャーデビューした。

 渋谷は、FPSゲームの配信を中心に活動中で、自身のVTuber事務所「Neo-Porte」の運営も行う。今年2月に「GAME STREAMER AWARD 2021」でストリーマーアワードを受賞し、4月にはプロゲーミングチーム「Team SoloMid(TSM)」にストリーマーとして所属した。YouTubeチャンネル登録者数は78.6万人(9月現在)。

 2人は、シューティングゲーム大会に同じチームで共闘する親友であり、ときにはライバルとして競い合ってきた。その姿を今回、絵師界の最前線で活躍するMika Pikazoが特別に描き下ろした。

 吸血鬼の葛葉と貴公子のような渋谷が対になるシンクロポーズは、超クール。一方で、かわいらしさもある表情や、まるで動いているような躍動感、力の入った手、輝く瞳など、それぞれの魅力を存分に引き出した。

 事務所は違っても仲の良さは随一で、誌面対談ではその関係性が伝わるやりとりが盛りだくさん。ボケ・ツッコミ、いじり・いじられなど、“てぇてぇ(尊い)”と称される2人の絡みに注目。今号の「ご自愛のススメ。」特集にちなみ、それぞれのご自愛メソッドや、読者へのご自愛メッセージも必読となる。

 また、Mika Pikazo描き下ろしのイラストは中面にも掲載され、表紙とは違った雰囲気で2人が登場。Mika Pikazoの特別インタビュー記事も掲載される。
    ニュース設定