納豆に「砂糖」「甘いタレ」は本当? 地域で異なる食べ方に“納豆好き”も仰天 「おいしいことに驚き」

16

2022年09月30日 16:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

物価上昇が続くなか、3パック100円前後で家計にも優しい納豆。
薬味に生卵、キムチにオクラ…。どんなトッピングも不思議とマッチする納豆。実は地域によっても特徴的な食べ方がある。ある男性は沖縄で「砂糖を入れて食べていた」ことに驚いたそう。週1回以上納豆を食べる“納豆好き”たちが仰天した“納豆の食べ方”とは?

【画像】プロが選んだ「日本一おいしい納豆」ほか、”納豆審査会”入賞商品一覧

 とにかくアレンジ無限大の納豆。老舗納豆メーカー・タカノフーズの広報担当者は「おかずに1品足したい、晩食用のおつまみが欲しい、そんな時には、ひきわり納豆をサバ缶と混ぜるだけの簡単おかずがおすすめ」と話す。

 医学博士の白澤卓二さんは健康面から「キムチ」「オリーブオイル」を提案。「キムチは納豆菌と乳酸菌を合わせて摂るにはいい組み合わせ。また、お醤油を入れずにオリーブオイルを入れるのもいい」という。

 身近な日常食とあって、それぞれにお気に入りのレシピがある納豆だが、関東圏では醤油ベースのタレとカラシで食べるのが一般的。ところが全国的には“甘い納豆”カルチャーのエリアも意外に多い。タカノフーズが実施した調査によると、甘口醤油の文化がある九州地方では、甘味料入りのタレがメジャーで、砂糖を入れる文化は東北のほか、沖縄、北海道でも見られることが分かった。

「東北出身の知人が納豆に砂糖を混ぜて食べていた。東北では普通だと言っていた」(女性64歳)、「九州在住のため、子どものころから甘いタレ付きの納豆を食べてきた。大人になって初めてカラシ付きの納豆が売っていることを知り、食べてみるとおいしかった」(女性35歳)、「関東から九州に引っ越してきて、納豆のタレが甘くておいしいのに驚き、たくさん食べるようになった」(男性30歳)

 このほか、“納豆好き”が驚いた組み合わせには、「牛乳をかけている人がいて最初は気持ち悪かったが、食べてみるとおいしくて、今では活用している」(男性38歳)、「結婚して九州から愛知へきて子育てをしていますが、給食で納豆にチーズが入っていると聞いてびっくり」(女性48歳)と言った声も。

 一見合わなそうな食材とも見事なハーモニーを奏でる納豆。苦手な人はぜひ“酢”でアレンジを。数年前に流行ったが、“酢”を混ぜると糸の粘りが落ちて口当たりがふわふわになる。味わいもさっぱりするため、残暑が続くこの時期にもおすすめの食べ方だ。

このニュースに関するつぶやき

  • たれが付いてくるから、そのたれ使っちゃうなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定