川口春奈、主演ドラマは全身全霊をかけて「日々感情が忙しいです」

1

2022年10月01日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

ドラマ『silent』制作発表に出席した(左から)目黒蓮、川口春奈、鈴鹿央士  クランクイン!
俳優の川口春奈、目黒蓮(Snow Man)、鈴鹿央士が都内で開催された10月期木曜劇場『silent』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の制作発表に出席。川口は「すごく難しい役どころでもありストーリーだなと、最初は読んで思いました。ただ、温かいところと切ないところと優しい感じとか、色んな気持ちにさせてくれる作品」「全身全霊をかけてやらせていただきたいなと思いました」と語った。

【写真】制作発表に登場した目黒蓮

 本作は、主人公の青羽紬(川口)が、かつて本気で愛した佐倉想(目黒)と、音のない世界で“出会い直す”という切なくも温かいラブストーリー。鈴鹿は紬と想の同級生で、紬の現在の恋人である湊斗を演じている。

 難聴を抱える役を通じて取り組んでいる手話について、目黒は「僕自身も手話の素晴らしさとか、そういうのを改めて感じながら。本当に楽しんで手話を学ばせてもらっているなという感じですね」とのこと。そんな目黒について川口は「手だけじゃなくて、体で、気持ちで伝えてくれるので、すごく刺激というか、ワアってなります」と称賛していた。

 一方の鈴鹿は役どころに関して「複雑です」とぽつり。「セリフの中でも出てくるんですけど『主成分、優しさ』って言われるくらい本当に優しい人で。自分の気持ちよりも相手の気持ちを考えて行動しているというか。言葉の部分で言うと、湊斗の発する言葉って言葉選びも優しい人だと思います」と役への印象を明かした。

 川口は湊斗について「優しいです〜」と頬を緩め「鈴鹿くんもすごく、顔に優しいって書いてるじゃないですか(笑)。だからすごく湊斗とリンクしちゃって。お顔を見ているだけで、胸がキューって毎日なるし、湊斗の優しさっていうものに助けられたり、切なくなったり。とにかく日々感情が忙しいです」とコメント。目黒も「登場人物みんな優しくて温かくて。見てくださる方がどの役にも共感できるような、そんな作品だと思いますね」と話していた。

 さらに、制作発表ではOfficial髭男dismが本作の主題歌「Subtitle」を担当することも発表された。

 木曜劇場『silent』は、フジテレビ系にて10月6日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

このニュースに関するつぶやき

  • 朝ドラでのイメージを払拭してほしい
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定