「JALふるさとクラウドファンディング」、10月1日開設 ふるさと納税の仕組み活用

0

2022年10月01日 10:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真

日本航空(JAL)とJALUXは、「JALふるさとクラウドファンディング」を10月1日に開設した。

2020年11月から「JALふるさと納税」を運営しており、ふるさと納税の仕組みを活用し、「次世代応援」や「自然環境保護」を目的とする、自治体のさまざまなプロジェクトを直接支援する。JALグループは、「JALふるさと納税」の取り組み実績や、JALUXの食品ギフト事業などで培ったノウハウを活かし、プロジェクトの立ち上げからサイト運営の支援、情報発信などを担う。

寄附者は、通常のふるさと納税と同様にプロジェクトによって返礼品などを受け取ることができるほか、プロジェクトの進捗度合いや活動報告を確認することができる。100円につき1マイルも付与される。

第1弾として、鹿児島県徳之島町の2つのプロジェクトが決定しており、自治体のみで実施されるプロジェクトも、寄附対象として今後追加される。

    ニュース設定