ケンコバ『ベルセルク 黄金時代篇』声優出演もファンの反応「怖い」 作品の魅力語る

43

2022年10月01日 11:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

アニメ『ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION』に出演するケンドーコバヤシ
10月1日よりTOKYO MXなどで放送がスタートするアニメ『ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION』の第1話にケンドーコバヤシが声優出演する。劇場版として公開された作品に加えて、新規エピソードを加えた再構成されたもので、劇場版と同じくバズーソ役を演じている。

【画像】ケンコバが演じる雑魚キャラ(笑) 公開された『ベルセルク』場面カット

――『ベルセルク』を初めて読まれた時の感想は?

「三浦(建太郎)先生が『ベルセルク』の前に連載されていた『王狼』と『王狼伝』を読んでいて、先生の新作を待ち焦がれていたら『ベルセルク』が始まりました。その二作品は「東洋感」があふれていましたが、『ベルセルク』は一転して西洋感のある作品だったので、衝撃を受けたことを覚えています」

――こんなに長く続く大作になると予想していましたか?

「『ガッツは何で片目をつぶっているんだろう?』など謎からのスタートだったので、『これは何かあるな?』とは感じました。そして1話の冒頭での女性のバケモノとの衝撃的なシーンを見た瞬間から『これは長く、深い話になるんだろうな』という予感はありましたが、ここまでの大河ドラマになるとは思ってはいませんでした」

――世界中にもファンが多い作品ですが、おおくの方に愛される魅力とは?

「身の丈ほどもある巨剣「ドラゴンころし」を持ったガッツのビジュアルのインパクトが大きかったんじゃないかな? 少年期の話になったら、自分の背丈に合っていない剣を振り回すところから始まった時、しっかり紡がれてきているんだなと思いました。僕は少年時代の装備が好きなんですよね。軽めの防具がカッコよくて。あと三浦先生は『王狼伝』の時から刀バトルの迫力がすごくて。戦う敵も斬られるというより、つぶされるという表現が合っているような。あれほど迫力のある絵を描くのにはすごく消耗が大きかったんじゃないかなと思います。でも最も骨太なバトルシーンを描く人がセクシーなシーンでは可憐な吐息など繊細で、そのギャップに驚かされました(笑)」

――作品にまつわる想い出はありますか?

「昔、(ハリウッド)ザコシショウと2人でライブをよくやっていましたが、ガッツとグリフィスの漫才をやったことがあって。30年前くらいかな。ザコシショウはグリフィス役で何もしゃべらず、ガッツ役の僕が一人で時事ネタをしゃべって、『お前、いい加減、何か言え!』と突っ込んだら、ザコシショウが『捧げる』と言って『蝕』が起きるという。そして上から吊るしで手描きのゴッドハンドのパネルが下りてきて。小道具なども自己負担で結構かかったし、照明と音響にすごく凝ったのに、あれほど笑いがなかったネタは珍しいかも。でもアンケートでは一番評判が良くて、『すごいものを見た』とか『あんな漫才初めて見ました』とか言われました(笑)」

――好きなエピソードを挙げてください。

「『黄金時代篇』がむちゃくちゃ好きで、中でも導入となる少年時代のお話が好きです。産み落とされた直後に傭兵団に拾われて、育てられていくエピソードは実写映画っぽくて。あとアニメ版でカットされているシーンも好きです。僕は黒犬騎士団が大好きなので(笑)」

――「黄金時代篇」で演じているバズーソの印象は?

「実際にこういう時代や世界観に自分が生きていたらこんなヤツになっていたんじゃないかなと。狭い範囲で暴れまくっているけど、ホンモノの強いヤツが来たらやられるという。『三十人斬り』という異名も微妙に思うかもしれませんがすごいことですよ。力任せにオノを振り回すような豪傑ぶりや、ガッツの剣を真正面から受け止めたりする正々堂々としたところもあったりして。名乗って前に出て、一対一で戦うというあの時代では一番真っ当な男だったのではないでしょうか。

――バズーソ以外に演じてみたいキャラは?

「ゾッドですね。『不死の(ノスフェラトゥ)ゾッド』という異名がありますが、僕もギリギリまで芸名を『ケンドー・コバヤシ』にするか、『ノスフェラトゥ・コバヤシ』にするか、迷いましたから(笑)」

――『ベルセルク』の連載前には今の芸名だったような(笑) 『ベルセルク』にはたくさんの武器が登場しますが、好きな武器を挙げるとすれば?

「『ドラゴンころし』はやっぱり憧れます。グリフィスの持つサーベルは僕には似合わないと思うし、できれば大きな武器を振り回したいです」

――皆さんへメッセージをお願いします。

「原作やアニメをご覧になってくださった方はきっと見るでしょうね。ただ連載が復活したことを世に広めなくてはいけないので、その役割を今回のTVシリーズと我々で担っていければと思っています。まだ『ベルセルク』に触れたことがない若い人は、一からあの冒険を楽しめるのかと思うとうらやましいです。また『ベルセルク』初心者の人には今回の『黄金時代篇』から見るのはいいかもしれませんね。少年期から始まるので、これを見てからコミックやアニメの1巻を見れば順序通りに楽しめますから」

――ケンコバさんが演じるバズーソの活躍も見どころですね。
「『言ってたほど活躍してないぞ』と言われるのが怖いので、期待してくださいとは言いませんが(笑)、ぜひ見てください」

このニュースに関するつぶやき

  • 後輩から『ベルセルク』という漫画がお勧めだと言われて本屋さんに行った私。凄い面白かったよバジリスク (甲賀忍法帖)って漫画は、と私は後輩へ告げた。『ク』しか合ってないが良い経験をしたと思います♫
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定