大仁田厚、アントニオ猪木さんを追悼「馬場さんとはまた違う大きな大きな存在」

2

2022年10月01日 13:32  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

大仁田厚(C)ORICON NewS inc.
昭和・平成を代表するプロレスラーとして愛されたアントニオ猪木(本名・猪木寛至=いのき・かんじ)さんが1日午前7時40分、心不全のため死去した。79歳だった。訃報を受け、プロレスラーたちが追悼した。

【写真】伝説の猪木VSアリ戦のショットを添え、英文でもツイートした大仁田厚

 ジャイアント馬場さんに憧れて全日本プロレスでデビューした大仁田厚(64)は、邪道を歩美、新日本プロレスのマットでも“大仁田劇場”を繰り広げたが、最後まで猪木さんとの対戦はかなわなかった。

 この日自身のツイッターを更新し、「#巨星落つ」と投稿。「 ひとつの時代が終わった ニュース見て頭が真っ白になった」とし、「馬場さんとはまた違う大きな大きな存在 交渉の席で決裂し結局対戦することはなかった いつも心のどこかに引っかかったままだった」と明かした。

 そして「偉大なプロレス界の父 猪木さん ありがとうございました 心から哀悼の意を表します」と感謝をつづった。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定