残留争いの大一番は神戸が制す! 小林祐希の神戸加入後初ゴールで残留に向けて大きな1勝

1

2022年10月01日 16:06  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

神戸が残留争いの大一番を制す [写真]=J.LEAGUE via Getty Images
明治安田生命J1リーグ第31節が1日に行われ、アビスパ福岡とヴィッセル神戸が対戦した。

 今節同時にキックオフを迎える15位湘南ベルマーレと共に勝ち点「31」で並ぶ両チーム。福岡は前節9試合ぶりの勝利を掴み、長いトンネルを脱出。7月以来約3ヶ月ぶりの連勝はなるか。神戸はホームゲームで2連勝を飾り、前節終了時点で13位に浮上し、今節は3連勝で少しでも降格圏から遠ざかりたいところ。残留を争う両チームの行方は果たして。

 8分、神戸がファーストチャンスを迎える。右サイドから攻撃を展開し、武藤嘉紀のキープから、最後は大迫勇也が左足で狙う。一方で福岡は18分にチャンス。縦パスを受けた山岸祐也がシュートを打ち、それのこぼれを前嶋洋太がシュートするも、相手DF陣にブロックされた。

 21分、神戸が先制。GK飯倉大樹のロングフィードを大迫が収め、左サイドで汰木康也が受けるとゴール前へクロス。これを背番号「49」の小林祐希がヘッドで突き刺し、先制点をゲット。なお、小林祐希は神戸加入後初ゴールとなった。

 36分、福岡はテンポの良いパス回しから、左サイドへ。金森健志が右足で巻いて狙うも、DF菊池流帆が身体を張ってブロックし、得点を許さない。

 前半はこのまま終了。神戸が1点リードで残留争いの直接対決を折り返す。

 59分、福岡にビッグチャンス。ドウグラス・グローリの正確なロングフィードが、抜け出したルキアンへ。ループで狙ったが、シュートは僅かに枠の上へ外れた。68分にも左サイドのクロスから、金森がバックヘッドでゴールを強襲するが、ゴールの右へ外れてしまった。

 72分、押し込まれていた神戸にもチャンス。右サイドからのCKを大迫が頭で合わせるも、シュートは僅かに右へ。追加点を挙げられず。

 終盤には両者攻め合う展開に。76分は福岡。右サイドからクロスがあがると、途中出場のジョン・マリが頭で合わせるが、シュートは力なくGK飯倉の正面をついた。83分には神戸の途中出場、佐々木大樹が抜け出してチャンスを迎えるが、揺らしたのはサイドネット。直後には福岡も再びジョン・マリがヘッドでゴールに迫るが、GK飯倉が正面で落ち着いてキャッチした。

 試合はこのまま終了。神戸が3連勝を飾り、勝ち点「34」に到達。順位も12位に浮上した。

 次節、福岡はアウェーで北海道コンサドーレ札幌と対戦。神戸はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
アビスパ福岡 0−1 ヴィッセル神戸

【得点者】
21分 0−1 小林祐希(神戸)

【スターティングメンバー】
(福岡)(4−4−2)
村上昌謙(GK);前嶋洋太(84分→湯澤聖人)、ドウグラス・グローリ、宮大樹、志知孝明;ジョルディ・クルークス(84分→三國ケネディエブス)、中村駿、前寛之、金森健志(69分→田邉草民);ルキアン(75分→ジョン・マリ)、山岸祐也(75分→フアンマ・デルガド)

(神戸)(4−3−3)
飯倉大樹(GK);山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳;大玲央、山口蛍、小林祐希(80分→佐々木大樹);武藤嘉紀(85分→槙野智章)、大迫勇也、汰木康也(66分→小田裕太郎)

このニュースに関するつぶやき

  • 神戸も金をかけて代表クラスの選手を次から次へと獲得しているくせにこの成績とは笑っちゃうよね🤣
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定