“ロミィ”新津ちせ、念願の『ONE PIECE FILM RED』ウタコスに大喜び 名塚佳織とおそろいコーデ

0

2022年10月01日 18:38  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『ONE PIECE FILM RED』ウタ誕生祭イベントに登場した新津ちせ(C)ORICON NewS inc.
声優の名塚佳織、俳優の新津ちせが1日、都内で行われた『ONE PIECE FILM RED』ウタ誕生祭イベントに登場した。

【全身ショット】おそろいの“ウタコス”コーデでそろった名塚佳織&新津ちせ

 10月1日は、名塚が声を担当したウタの誕生日。名塚は、ウタの大ファンであるロミィの声を務めた新津と一緒にウタの誕生日をお祝いした。イベントの冒頭で名塚は「みんな、やっと会えたね!ウタだよ」「出た〜!負け惜しみ〜」とウタのせりふを連続で披露。新津も「ウタちゃんの歌だけ、ずっと聞いていられる世界はないのかな」と劇中のせりふを再現し、会場をわかせた。

 劇中で重要なキャラクターの1人ではあるが、『FILM RED』のイベントには初参加となった新津。これまでのイベントで名塚が着ていたウタの衣装も念願だったそうで、新津は「販売されないかなって思っていたので(笑)。名塚さんもイベントで着ていらっしゃった。私もおそろいで着ることができて、うれしいです」と大喜び。名塚も「かわいい」とべた褒めだった。

 また、ウタの誕生日ケーキも登場。ウタがロミィにプレゼントしたぬいぐるみも飾られ、名塚は「ロミィちゃんにあげたぬいぐるみ!」と声をあげたが、その横にあったのは能力でぬいぐるみにしてしまったロミィだった。名塚は「ぬいぐるみにしちゃった時だ(笑)。ごめんね!かわいいんだけど…」と謝罪して笑いを起こしていた。

 シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる『ONE PIECE FILM RED』は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定