犬飼貴丈×大原優乃W主演ドラマ『−50kgのシンデレラ』、TBSで地上波放送決定

0

2022年10月01日 19:51  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

ドラマ『−50kgのシンデレラ』ビジュアル (C)Paravi
犬飼貴丈と大原優乃がダブル主演を務めたParaviオリジナルドラマ『−50kgのシンデレラ』が、地上波初放送されることが決定。TBSにて10月10日深夜より放送される(※一部地域を除く)。

【写真】ドラマ『−50kgのシンデレラ』でダブル主演を務めた犬飼貴丈&大原優乃

 原作は、電子コミック誌「comic Berry's(コミックベリーズ)」に連載され、紙コミック版と電子版を合わせて累計140万部突破を記録した人気コミック。一目ぼれした彼に近づきたくて50kg減量したぽっちゃり女子・佐伯陽芽(ひめ)と、彼女が恋するイケメン御曹司・富士崎宰(おさむ)が繰り広げる大人の極甘オフィスラブストーリーだ。

 ぽっちゃり女子の佐伯陽芽は、就職活動中の大学生。何よりも食べることが大好きな陽芽は、大手製菓会社・富士崎製菓の会社説明会でけがをしてしまい、案内係の社員・富士崎宰に助けてもらう。まるで王子様のような彼に、陽芽は一目ぼれ。もう一度、彼に会いたい…、その想いを果たすため、陽芽は一念発起して50kgのダイエットに成功。宰との出会いから2年後、晴れて宰のいる会社に就職し広報部に配属される。そして、転勤先から広報部の部長として戻ってきた宰と再会するが、宰はなんと社長の一人息子で、次期社長候補の御曹司であることが発覚。しかも、宰は外見が変わった陽芽があの時の大学生だと気付かないばかりか、ダイエット前の陽芽に惹かれていたことが分かり…。

 ドラマ化決定の情報解禁時には表紙イラストが再現されたビジュアルや、大原の特殊メイクによる陽芽の太っている頃の姿も話題となった本作。視聴者から「原作のイメージ通り!」「妄想シーンがキュンキュン」「ダイエットの知識が本当に勉強になる」などさまざまな反響を呼ぶ中、「地上波でもぜひ多くの人に見てほしいです!」というリクエストも多く寄せられ、このたび地上波での放送が決定した。

 本作では、犬飼貴丈&大原優乃がダブル主演。犬飼は自身初のラブコメに挑戦し、正統派のイケメン御曹司・富士崎宰を演じている。宰に恋する元ぽっちゃり女子の佐伯陽芽を演じる大原は、今作で初めて特殊メイクに挑戦。太っている頃と−50kgのダイエット成功後と両方を見事に演じた。

 また、陽芽の高校時代からの親友で、栄養士の資格を生かして陽芽のダイエットを成功に導く宮野加奈子を谷まりあ、陽芽の同期で、ひそかに陽芽に想いを寄せる田嶋凌介を綱啓永、陽芽の入社時の教育係・清水美和を南りほ、陽芽が高校時代に想いを寄せていた同級生の坂口陽平を青木瞭が演じている。主題歌はちゃんみな初の書き下ろしによる「TOKYO 4AM」。恋する女性の気持ちを表現したこの楽曲に詰め込まれた思いも、ドラマとともに味わいたい。

 ドラマ『−50kgのシンデレラ』は、TBSにて10月10日より毎週月曜25時35分放送(※一部地域を除く)。動画配信サービス「Paravi」で全話配信中。
    ニュース設定