坂本昌行、連続児童殺人犯役を“リアル”に表現「何を感じていただけるか非常に楽しみ」

1

2022年10月02日 04:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

パルコ・プロデュース2022『凍える』に出演する坂本昌行
俳優の坂本昌行、長野里美、鈴木杏が1日、きょう2日に東京・渋谷のPARCO劇場で開幕するパルコ・プロデュース2022『凍える』のフォトコールに臨み、意気込みを語った。

【集合ショット】臨場感ある役衣装でそろった坂本昌行&長野里美&鈴木杏

 1998年に英国で初演され、2004年に米ニューヨークで上演され、同年に演劇賞の権威「トニー賞」の演劇作品賞(BEST PLAY)にノミネートされたヒューマンサスペンス。重厚なストーレートプレイで「病的疾患による連続殺人」を描く作品で、今回は栗山民也氏が演出を手がけ、家庭内暴力、幼児虐待などが社会問題化する現代日本に疑問を投げかける。

 10才の少女ローナが行方不明になってから20年後のある日、連続児童殺人犯ラルフが逮捕される。ローナの母ナンシー、精神科医のアニータが対峙(たいじ)し、ぬぐいきれない絶望感、消えることのない悲しみ、やり場のない憎悪があぶりだされる。

 2016年に「第24回読売演劇大賞」優秀男優賞を受賞した坂本が、幼少に受けた虐待で患った疾病により、児童に執着し殺人を繰り返してしまうラルフ役を演じる。また、娘の死を知らされた今も現実を受け入れることのできない母ナンシー役に長野、殺人犯の担当精神科医アニータ役に鈴木が挑む。

 同劇場で24日まで上演。その後、福島、兵庫、豊橋(愛知)、松本(長野)、新潟、北九州(福岡)、沖縄をめぐり、12月11日に大千秋楽を迎える。

■坂本昌行
今作は不思議というか怖いというか、どうとらえてよいか分からないかもしれません。演出の栗山さんからは、芝居ではなく、リアルに、ドキュメンタリーで生きてくれという言葉があり、30年ぶりの栗山さんの演出に、改めて作品・役作りの難しさを感じながら勉強させていただきました。非常に難解な作品、難解な役ではありますが、自分の中の引き出しを出し切って千秋楽まで頑張っていければと思っています。人の抱える「闇」や「痛み」がリアルに表現されています。お客さまにもそれぞれ何を感じていただけるか非常に楽しみにしております。日々公演を重ねる中で表現も深化していくと思いますので、ぜひお越しください。

■長野里美
出演のお話をいただいたときから緊張しておりました。ナンシーという役は自身の状況や気持ちを説明する独白が多く、そこが課題となっていましたが、栗山さんに助けていただきながら稽古をしてきました。「人間を見せていく」ということが初日を迎えるにあたってどこまでできるか、また、お客様にどのように受け入れていただけるかが楽しみです。とにかく集中し、真摯(しんし)に頑張っていきたいと思っています。お越しいただいた皆様にはそれぞれに「あぁ…」という言葉にならないけど、大事なものを感じて、持ち帰っていただければと思います。

■鈴木杏
この作品はけいこするごとに発見がある作品で、日々切磋琢磨(せっさたくま)しています。いろいろ試されるので役者としては怖い戯曲ではありますが、公演が始まってからも成長していくようなお芝居だと思いますので、沢山のものを見つけながら千秋楽まで深めていきたいと思っています。「楽しんでいただく」という戯曲ではありませんが、現代社会に多くの問いを投げかける内容となっていて、日本ではなかなか見られないタイプのお芝居だと思います。お客様の心に観劇後何日かたっても、残り続けるものになればうれしいです。
    ニュース設定