劇的すぎる大槻智春のツアー2勝目 丸山茂樹が祝福「過去の優勝争い経験が生きた」

0

2022年10月02日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

丸山茂樹
プロゴルファーの丸山茂樹氏は、ツアー2勝目を挙げた大槻智春選手、米PGAツアーでのあきらめない姿勢を見せた松山英樹選手について語る。


【写真】大槻智春選手はこちら
*  *  *


 国内男子ツアーの「ANAオープン」(9月15〜18日、北海道・札幌GC輪厚)は、大槻智春(32)が劇的すぎる勝ち方で、3年ぶりにツアー2勝目を挙げました。


 石川遼(31)とのプレーオフ1ホール目で、2打目をピッチングウェッジで打つと、奥からバックスピンで戻ってきたボールがカップイン。ミラクルと言っていいイーグルショットで優勝を決めました。遼がセカンドでピン手前3メートルにつけた直後だっただけに、「逆転サヨナラホームラン」といった感じでしたね。


 今年だけで2位が3度と、いいところに居続けながら優勝に手の届かなかった大槻です。これでいままでの屈辱や悔しさがいったんリセットできたんじゃないですかね。


 遼の猛追はすごかったですから、戦いづらいってのは何となく察知するわけですよ。「この勢いでやられたくないな」ってのは、大槻の頭にあったと思うんです。でも、残り130ヤードの地点にティーショットを打ち抜いた時点で、過去の優勝争いの経験が非常に生かされてはいると思うんですね。僕もとくに誰を応援するってのはないですけど、日大の後輩となると特別な目で見てしまうってのは間違いないので、ほんとにうれしかったです。


 さて、米PGAツアーの2022‐23年シーズン開幕戦「フォーティネット選手権」(9月15〜18日、カリフォルニア州ナパのシルバラードリゾート&スパ)で、松山英樹(30)は最終日に45人を抜いて25位でした。3日間うまくいかず、ティーショットも珍しくぶれてたように見えましたし、最終日もそんなに納得のいくティーショットは打ててないと思います。そんな中でも最後まであきらめないという姿勢が「サンデー英樹」につながってるんじゃないかと思いますけどね。まあとにかく日曜日に強いですね。




 アメリカ参戦10年目の節目だけに、もうちょっと好スタートをきりたかったってのはあるかもしれません。でも、まずまずじゃないですかね。


 最終日にいいゴルフができて、プレジデンツカップ(9月22〜25日)を迎えるということで、メディアへのコメントでも「(インターナショナルチームで)周りの選手を引っ張っていくようなゴルフがしたい」と言ってました。何とか英樹の一番いいときにアメリカチームをやっつけてもらいたいです。


 最後にマルジュニアのお知らせです。「第25回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」を11月19日に千葉県市原市の千葉セントラルゴルフクラブで開催することになりました。


 中1から高3までの男女計80人の参加者を募集中です。丸山茂樹ジュニアファンデーションのホームページからご応募ください。締め切りは10月17日です。


 早いものでもう25回目です。これからもジュニア世代のためにできることをやっていきます。よろしくお願いします!


丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表監督を務めた。セガサミーホールディングス所属。

※週刊朝日  2022年10月7日号


    ニュース設定