冷蔵庫の「しなびたキュウリ、捨てないで!」パリッとしたキュウリに戻る方法が話題、ナスも!?…野菜のプロに聞いた

2

2022年10月02日 07:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

数日間冷蔵庫で放置され、ふにゃふにゃになったキュウリ=いずれも高橋さん提供

 冷蔵庫の奥に、キュウリを何日間も眠らせてしまったことはありませんか? 気付いた時にはふにゃっとしなびた状態で、諦めて捨ててしまうなんてことも…。実は、そんなキュウリを簡単に復活させる裏技がある。用意するのは、食品保存袋「ジップロック」と水だけ。「ゴミ箱行きはちょっと待って」

【写真】しなびたキュウリが一晩で見事、シャキシャキに復活!

 教えてくれたのは、群馬県前橋市で約470棟のビニールハウスを管理する「高橋農園」の高橋伸悟さん(45)。9年前に農業道に入り、野菜や果物の特徴や、おいしい食べ方の知識を身に付ける民間資格「ジュニア野菜ソムリエ」も取得。フードロスを減らしたり、食べ物の魅力を知ってもらったりするきっかけになればと、1年前からツイッターで野菜に関する豆知識を1日2回発信している。キュウリを復活させる方法もその一つだ。

切って水に浸すだけ!?

 「キュウリは9割が水でできているんです。しなびた状態は水分不足になっているだけ」と高橋さん。原理としては、水分を補給してやれば元に戻るという。方法は、

[消爾鰺遒箸靴独省に切る。

▲献奪廛蹈奪に水を溜めてキュウリを浸す。

L邵攫爾念貳嫂欧せる。

以上の3ステップ。これだけで味も変わらず、パリッとした食感が戻るという。実際に試した人からは「素晴らしい復活劇」「ズボラ主婦なので、ためになる情報でありがたい」などとの驚きと感謝の声が相次いでいる。また、キュウリの復活方法はほかの野菜にも活用できるといい、高橋さんは「これからの季節は秋ナスがおいしい。しなびた場合は試してみて」と呼び掛ける。

(まいどなニュース/神戸新聞・山脇 未菜美)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定