サウナブームの意外な“落とし穴” 疲労の専門家は「快感あっても頭と体は疲れるだけ」と指摘

3

2022年10月02日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

サウナの「健康効果」には疑問の声も…。写真はイメージ
空前のサウナブーム。「ととのう」快感を求める愛好家が増える一方で、人によっては「疲れた」「翌日がだるい」というマイナスの意見もある。疲労の専門医によると、快感を得られたとしても、実は脳や体にはとても大きな負担がかかっているため、心臓や脳の疾患リスクが増大する危険もあるという。サウナ好きな筆者には耳が痛い話だが、「気持ちいい」だけではないサウナの「リスク」を聞いてみた。


【写真】「サウナ―」を公言している人気のイケメン俳優はこの人
*  *  *
 高温のサウナで汗をたっぷりかき、冷たい水風呂へ。ほてりを冷やしてからは外気浴。イスなどに腰かけてぼーっとリラックス。サウナ好きにとって、この「ととのう」状態は、何よりも心地よい時間である。


 サウナ大国であるフィンランドの大学などの研究論文によれば、サウナに入る頻度が高い人は、それほど入らない人よりも健康長寿で心臓疾患や認知症のリスクが低くなる、との結果が示唆されたという。気持ち良くて、健康にもプラスに作用するなんて最高ではないか。


 だが、疲労の専門家で「東京疲労・睡眠クリニック」院長の梶本修身医師は、この論文に疑問を呈する。


「私もこの論文を読みましたが、『サウナに入る頻度が高いから健康』と解釈できる一方で、『健康な人でないとサウナには頻繁に入れない、だからこの結果が出た』という読み方もできるんです。日本人も体調不良や病気なのにサウナに入る人はそうそういませんよね」


 梶本医師はサウナの健康効果について否定的で、むしろ危険だと訴える立場を取る。その理由をこう解説する。


「高温の空間で大量に汗をかくため、脱水症状や熱中症をおこしやすくなります。脳温度が上昇し自律神経がオーバーヒートすると、血圧や心拍、体温などの調節機能が低下し、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが生じます。そんな状態で水風呂に入ることは、心臓発作のリスクをさらに高めることになります」


 そして、「サウナは百害あって一利なし……せめて一利ならあるかもしれない、というくらいの認識です」と続ける。




 では、その「一利」とは何か。梶本医師は、厳しい寒さの冬が長く家にこもりがちになるフィンランドの特殊な生活環境だからこそ生まれた、サウナの効用に言及する。


「家に閉じこもるようになると、汗を出す汗腺が閉じてしまいます。汗腺には体温を調節する重要な役割があり、これは自律神経の働きによって制御されています。汗をかけない極寒の環境ではサウナという外的刺激によって汗腺を開き、自律神経による体温調節機能を回復させてあげる、というプラスの効果はあるのかもしれません」


 日本でもコロナ禍で家から一歩も出ない時間が長く続いたり、寒冷地で冬は家に閉じこもり運動をまったくしない人がいるとすれば、サウナが有効となる可能性はあるという。


 ただ、厳寒のフィンランドと日本では気候がまったく違う。日本では、満員電車や重い買い物袋を持って歩くだけでも自然に汗腺が開く。汗が流れ出るほどでなくても、活動中は自律神経が汗腺を開いて体温を調節しているのだという。梶本医師によれば、日本で普通に生活している限り、わざわざ酷暑環境を作って汗腺を開く必要はないということだ。


 こうした環境でサウナに入るとどうなるか。


「懸命に頑張っている自律神経にさらに負担をかけるので、疲れてしまうだけです。日々のストレスや仕事で疲れている自律神経からすれば、『ひーひー言うとる時に何してくれんねん!』という状況ですよ」


 とはいえ、サウナに入った日はストンと眠れている気がする。安眠効果についてはどうなのだろうか。


「すぐ眠れたという声は聞きますが、それは疲れて『寝落ち』しているだけで、寝つきがいいこととは全く異なります。緊張や覚醒をつかさどっているのも自律神経。自律神経が極度に疲れると覚醒を保てなくなり寝落ちしてしまうのです。さらに睡眠リズムを作るのも自律神経ですから、寝落ちした状態では睡眠の質がとても悪く、変な時間に目が覚めたりして疲れを回復させることはできません」


 ネットを見ると、「サウナの翌日がだるい」などの投稿が散見されるが、睡眠の質の悪さが原因なのかもしれない。



 ただ、愛好家にとってサウナや水風呂、その後の外気浴が気持ちいいことは事実だ。身体への負担が大きいのに、なぜ気持ちがいいと感じるのか。


 梶本医師によると、β−エンドルフィンという物質など、気分の高揚や幸福感を得られる「脳内麻薬」が関係していると考えられる。


 マラソンで苦しい状態が続いた後、多幸感や陶酔感を覚える「ランナーズハイ」と呼ばれる現象が起きることはよく知られるが、それと同じ現象がサウナでも起きているというのだ。


「動物は子孫を残すため生きることに忠実ですが、ヒトは脳の前頭葉が発達しているため、自己利益を実現する『欲』を持ちます。欲によって脳の報酬系と呼ばれる回路の働きが活発になり、『もっと、もっと』という精神状態になってしまう。これが災いしているのがサウナやその後の水風呂です。体には良くないことが分かっていたとしても『もっと快楽を』と、のぼせるまで頑張る人が出てしまうのです。ランナーや筋トレ愛好家でも、常に脳内麻薬による快感を求めてトレーニングを休めなくなる方がいます」


 自律神経の機能は20歳を「100」とすると、40歳で半減、50歳で3分の1、60歳で4分の1に減るのだという。体の調子を整えてくれる力が、ガクッと衰えていくということだ。


 脳内麻薬のおかげで、身体の悲鳴にはなかなか気づくことは難しい。梶本医師も「体に悪いと知っても、やめようとは思う人は少ないと思います」と話し、こうアドバイスする。


「水分をしっかり補給する。絶対にのぼせるまで入らず、サウナを出た後は、ぬるいシャワーで体を冷やす、涼しい部屋で過ごすなど、脳と体を守る基本は大切にしてください。また、年齢により自律神経が衰えるということをしっかり理解して、若い時よりも入る時間を短くすること。高齢になると温度を感じる機能が鈍くなりますので、のぼせに気づきにくくなりますからね」


 サウナに入るかは個人の自由だ。ただ、快感を味わうだけではなく、自分へのいたわりも必要であることは心得ておきたい。(AERA dot.編集部・國府田英之)


このニュースに関するつぶやき

  • 湯治で1日何度も温泉に浸かるのは良くないというし…まあ、何事も程々にということだな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定