鈴木誠也、決勝14号ソロで6連勝に貢献 第1子誕生後は3戦連続安打&打率.400

6

2022年10月02日 10:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

7回に決勝ソロを放ちガッツポーズを見せるカブス・鈴木誠也
○ カブス 2 − 1 レッズ ●
<現地時間10月1日 リグリー・フィールド>

 カブスの鈴木誠也外野手(28)が1日(日本時間2日)、本拠地でのレッズ戦に「2番・右翼」で先発出場。7回の第4打席に決勝点となる14号ソロを放ち、チームを6連勝に導いた。

 レッズの先発左腕・ロドロの前に、5回の第3打席まで2打数無安打1四球だった鈴木。それでも1−1の同点で迎えた7回、二死無走者の場面で2番手右腕・ローの2球目ツーシームを捉えると、打球は左翼席へ飛び込む勝ち越し弾となり渾身のガッツポーズを見せた。

 復帰後初アーチとなる14号は、打球初速103.8マイル(約167キロ)、飛距離382フィート(約116メートル)の一撃。この日は3打数1安打1打点、1四球1三振の結果で打率は.267、OPSは.785となった。

 カブスは接戦を制し6連勝。鈴木はこれで第1子(男児)誕生後、3試合連続安打で打率は.400(10打数4安打)となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 動画で見ましたが、ホームランより他の打席でのストライク判定の余りの酷さの方に目がいってしまいました。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定