廿日市市、宮島訪問税を来年10月1日から徴収開始 1回100円

0

2022年10月02日 15:51  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真

廿日市市は、宮島訪問税を2023年10月1日から徴収開始する。

世界遺産を擁する宮島では、国際観光地としての受入環境整備が求められ、外部からの来訪によって発生・増幅する行政需要は全国標準を上回るものとなっているという。厳しい財政状況の中で、引き続き対応していくため、宮島訪問税の新設に至った。トイレの維持管理、桟橋施設・旅客ターミナルの改修、電線類の地中化などに活用される。

納税義務者は宮島町の訪問者で、訪問ごとに100円を徴収する。1年分を納税する場合は、訪問者1人ごとに500円を徴収する。区域の住民、通勤・通学者は訪問者には該当しないほか、未就学児、修学旅行の参加者・引率者など、療養手帳、精神障害者保健福祉手帳、身体障害者手帳を交付されている障がい者は課税を免除する。

    ニュース設定