中日・マルティネスの最多セーブが確定 岡林も安打数トップで全日程終了

5

2022年10月02日 19:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

中日・岡林勇希 (C) Kyodo News
◆ 高卒3年目のタイトルはあすのDeNA・佐野次第

 中日が敵地で広島に3−0の快勝。順位は最下位に終わったが、今季の最終戦を白星で飾った。

 この日のラストを締めた守護神のライデル・マルティネスは、リーグ単独トップとなる39セーブ目。「1番・中堅」で先発出場した岡林勇希も2安打を放ち、リーグ単独トップの161安打目を記録した。




 高卒3年目の岡林は今季レギュラーに定着して141試合に出場。特に7月以降は3カ月連続で月間打率3割以上をマークするなど好調を維持し、一気に最多安打のタイトル争いに名乗りを挙げた。

 10月1日終了時点では、159安打はDeNA・佐野恵太と並ぶリーグトップタイ。佐野も2日の試合で内野安打を1本放ったが、岡林は2日の広島戦で2安打を記録。今季の安打数を「161」まで伸ばしている。

 タイトルの行方は、セ・リーグ最終戦となる明日のヤクルト−DeNA戦の結果次第。もし岡林が獲得すれば、高卒3年目の最多安打はあのイチロー以来という快挙になる。


▼ セ・リーグ最多安打争い
1位 161本 岡林勇希(中日) ※全日程終了
2位 160本 佐野恵太(DeNA) ※残り1試合


◆ R.マルティネスはタイトルが確定

 一方、2日の試合で39セーブ目を挙げたマルティネスは、自身初のタイトル獲得が確定した。

 1日終了時点ではこちらもヤクルトのスコット・マクガフと並ぶトップタイだったが、マルティネスが2日の試合でセーブを記録したのに対し、マクガフは9回を締めることができずに数字を伸ばすことができなかった。

 あすマクガフが今季最終戦でセーブを記録すれば、マルティネスと同数で同時受賞ということになり、もしマクガフにセーブが付かなければ、マルティネスが単独のセーブ王ということになる。


 マルティネスは今季が来日6年目。2020年から抑えとして頭角を現し、今季は56試合の登板で防御率0.97という圧巻の投球を披露。

 4勝3敗5ホールド、39セーブとすべてにおいてキャリアハイの成績を残して2022年のシーズンを終えた。


▼ セ・リーグ最多セーブ争い
1位 39セーブ ライデル・マルティネス(中日) ※全日程終了
2位 38セーブ スコット・マクガフ(ヤクルト)




【動画】根尾・岡林が語った「福留との秘話」

このニュースに関するつぶやき

  • 岡林は、600以上打席に立って29四球は少ない。イチロー以来の快挙は期待したいが、もう少し四球を選べていれば、レジェンド級しかいない「高卒3年以内で3割」も達成できた。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定