香取慎吾、福助CIをアート作品として描き下ろし 創業140周年の同社にとって初の試み

1

2022年10月03日 11:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

香取慎吾制作アート作品『fukuske-chan』 (C)shingo/culen.Inc
俳優でアーティストの香取慎吾が、福助のCI(コーポレートアイデンティティ)の“福助”をアート作品として描き起こした。同社が創業140周年を迎えたことを記念し実現したもので、当作品を用いたプロモーション活動を2023年7月まで実施する。

【写真】“福助”にメッセージを送った香取慎吾

 作品のタイトルは『fukuske-chan』。美しいカラーリングと大胆かつ繊細なタッチで描かれた“福助”の優しく、愛らしい表情で、見る人全ての方にハッピーな気分を届けてくれそる、まさにラッキーゴッドにふさわしい作品となった。来年7月まで、の直営店舗や店頭、ホームページやSNSなどで披露される。

 1900年(明治33年)より“福助”マークを商標にしている同社にとっては、“福助”をアート作品として描き起こすこと、CI以外の“福助”マークを企業キャンペーンのデザインに採用するのは初めてのことになる。

 香取は「福助ちゃん!これからもポっ、って温かくみんなを包み込んで下さい。福助140周年おめでとうございます!」とコメントを寄せた。

このニュースに関するつぶやき

  • 香取慎吾さん絵上手いから🤗野生爆弾クッキーにジミーちゃんやら上手いですね🤗
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定