アルファロメオ、主力SUV『ステルヴィオ』に上質な装いの限定車“エディツィオーネ・ルッソ”を設定

0

2022年10月03日 19:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

新時代のアルファロメオ
復権を担うSUV『Stelvio (ステルヴィオ)』に、数々の特別装備により上質感を高めた限定車“EDIZIONE LUSSO(エディツィオーネ・ルッソ)”が登場
スポーツサルーンの『Giulia (ジュリア)』とともに、新時代のアルファロメオ復権を担うSUV『Stelvio (ステルヴィオ)』に、数々の特別装備により上質感を高めた限定車“EDIZIONE LUSSO(エディツィオーネ・ルッソ)”が登場。10月8日より発売が開始される。

 最新のDセグメントFRアーキテクチャーとなる“GEORGIO(ジョルジョ)”プラットフォームを採用したステルヴィオは、その卓越したハンドリングとSUV離れしたダイナミクス性能により、新世代モデルとしての機能性や安全性を備えながら、アルファロメオの血筋を感じさせる1台となっている。

 その同車に設定された今回の限定車は、2.2リッターのターボディーゼルエンジン(210PS/470Nm)を搭載した“2.2ターボ・ディーゼルQ4”のグレードをベースに“豪華な、贅沢な”を意味するLUXURY(ラグジュアリー)のイタリア語『LUSSO(ルッソ)』を車名に冠するとおり、限定車専用のカラーコーディネイトや、ベージュを基調としたレザー内装などにより、優美さに磨きが掛けられた。

 エクステリアでは、落ち着いた色調で造形美を際立たせるヴェズヴィオグレーをベースに、ボディ同色のホイールアーチを装着。さらに限定車専用となるクローム処理を施したウインドウモールディングや、エキゾーストパイプフィニッシャーなど、細部に至るまでこだわりを貫いた色使いが採用される。

 また、足回りにも光沢感あるシルバー塗装を施した専用の21インチアルミホイールを装着し、ブラック仕上げの専用ブレーキキャリパーなどを含め、スポーティ感を引き立てる専用装備が与えられた。

 そして注目のインテリアでは、艶やかな色遣いとワンランク上のプレミアムな仕立てが施され、華やかな雰囲気が漂う明るいベージュのレザーシート(8ウェイパワーシート/シートヒーター付)や、ブラックとベージュを組み合わせたレザーダッシュボードなど高い品質を実感できる空間に。

 さらに車内の開放感を高めるパノラマサンルーフや、高品位な音質を実現するハーマンカードンプレミアムオーディオシステムといった、限定車ならではのアメニティ装備も多数搭載されている。

 この『ステルヴィオ2.2ターボ・ディーゼルQ4エディツィオーネ・ルッソ』は、日本市場に向けては50台限定導入となり、価格は766万8000円(税込)となっている。詳細はアルファロメオ公式サイト(https://www.alfaromeo-jp.com/lusso/)まで。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定