2022年F1第17戦シンガポールGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)

0

2022年10月03日 20:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

2022年F1第17戦シンガポールGP表彰式 優勝セルジオ・ペレス(レッドブル)、2位シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3位カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第17戦シンガポールGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはセルジオ・ペレス(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)だ。

■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)
決勝=5位
 とても満足している。今年はここまでトップ5に入れずにいたから、今日の結果がすごくうれしい。

 今日はいくつかのことが僕たちに有利に働いたと感じてはいるが、僕たちがとても忍耐強く、慎重な戦い方をしたことも確かだと思う。

 レース前半は上位にいたわけではないから、スリックタイヤにいち早く交換してヒーローになりたいという誘惑にもかられたけれど、分別を持って、好機を待った。そうすることで、他のマシンと戦うチャンスが生まれ、セーフティカー出動を生かす機会にも恵まれたのだろう。

 ファーストラップがうまくいったことも本当にうれしい。そこで順位をいくつか上げたからね。

 僕たちはすべてのことを正しく行った。トップ5という最大限の結果を出したことで、チームにとってはコンストラクターズ選手権において大きな一手になったから、誰もが笑顔になったよ。

■ランド・ノリス(マクラーレンF1チーム)
決勝=4位
 とてもよい一日だった。両方のマシンがトップ5に入ったからね。特にコンディションの面で厳しいレースだったけれど、今日はチーム全体が素晴らしい仕事をしてくれた。

 多くのポイントを獲得できたのは、コンストラクターズ選手権にとってとても重要なことだ。チーム全体が本当によくやってくれたよ。とてもうれしい。

■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=3位
 僕にとって少し奇妙なレースだった。スタートをうまく決めて、ルイスを抜いたが、どういうわけかインターミディエイトでのファーストスティントではペースに苦しんだ。レース終盤になってようやくペースを取り戻すことができた。でもそのころにはもう遅すぎたんだ。

 何が原因なのかを調べる必要がある。週末を通して速かったのに、今日はマシンのフィーリングが良くなかったんだ。

 ポジティブな面に目を向けると、このトリッキーなコンディションのなか、僕たちはミスなくレースをすることができた。それは決して簡単なことではない。そうして2台揃って表彰台という堅実な結果を出したんだ。来週の日本でまた頑張るよ。

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=2位
 今日はペースがとても良かったから、2位という結果は残念だ。スタートで少しホイールスピンが起き、チェコのような好スタートを切ることができなかった。そのせいで劣勢になってしまった。

 チェコにプレッシャーをかけたが、フロントタイヤの温度が上がり過ぎてしまった。そうして彼は遠ざかっていったんだ。

 前にも言ったように、僕はシーズン終盤戦を、レースを実行する力を改善するために活用したいと思っている。今日は正しい方向に一歩踏み出せたと思う。

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=優勝
 自分にとってもチームにとっても喜ばしい勝利だ。僕にとって大きな意味を持つ結果だよ。この2戦、表彰台に上れずにいたが、外部の人からは見えないところで懸命に取り組みを続け、大きな動きをしていた。今日のパフォーマンスを心から誇りに思う。

 心理的に厳しいレースで、最初から最後まで常に気を引き締めていなければならなかった。ものすごくトリッキーなコンディションだった。こういうコンディションで走ることがどれだけ難しいか、人々は過小評価している。最終セクターを抜けるのは本当に大変だった。

 セーフティカーに関してミスコミュニケーションがあったと思う。彼(セーフティカーのドライバー)は僕がついていけない場所で速く、僕が速く走れる場所で遅かった。ウエットの路面をスリックで走り、タイヤの温度を保とうとしていた。それは簡単なことではない。審議対象になったと言われて、シャルルとのギャップをできる限り拡大するために、最後の15周を予選ラップのようにプッシュした。
    ニュース設定