北海道では雨雲発達 強い雨や強風に 東北から九州も日本海側から雨の範囲広がる

1

2022年10月04日 08:55  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

北海道では雨雲発達 強い雨や強風に 東北から九州も日本海側から雨の範囲広がる

きょう4日、前線が通過する影響で、北海道や東北の日本海側では局地的に雨雲が発達し、風が強く吹いている所も。この後、東北から九州にかけても、日本海側から次第に雨が降り出すでしょう。



●北海道では1時間に20ミリ以上の強い雨


きょう4日、低気圧からのびる前線が北海道を通過しています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流入し、北海道では大気の状態が不安定となっています。北海道の日本海側を中心に雨雲がかかり、所々で雨雲が発達しています。北海道せたな町では午前5時22分までの1時間に23.0ミリの強い雨、青森県深浦町では午前8時までの1時間に20.0ミリの強い雨が降りました。また風も強まっていて、北海道南部の江差町や利尻空港などで、最大瞬間風速22メートルを超える強い風が吹きました。


●北海道や東北の日本海側では暴風に警戒


この後も、北海道の日本海側では、4日昼前にかけて暴風に警戒してください。また、夕方にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、日本海側と太平洋側西部では大雨となる見込みです。夕方にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。秋田県の海上でも南西の暴風となり、しける見込みです。こちらも暴風に警戒し、高波に注意が必要です。


●日本海側から次第に雨雲広がる


東北から九州にかけても、日本海側を中心に、次第に雨が降り出すでしょう。東北の日本海側では局地的に激しい雨が降りそうです。北陸でも夜になると激しい雨や雷雨の所があるでしょう。近畿から九州も日本海側を中心に、夕方から局地的な雨や雷雨がありそうです。関東など太平洋側でも夜遅くには所々で雨が降りだすでしょう。風も強まり、横殴りの雨になる所もありますので、風で傘があおられないようにご注意ください。


    ニュース設定