YOSHIKIオーディション合格者第1号丸尾隼、2人目の大島莉旺も発表

1

2022年10月04日 10:04  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』に合格した丸尾隼と大島莉旺(C)NTV
X JAPANのリーダー・YOSHIKIが4日、日本テレビ系『スッキリ』(月〜金 前8:00)に生出演し、自身がプロデューサーを務めるボーイズグループオーディションプロジェクト『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』の合格者第1号を発表した。

【写真】HYDE、ジーン・シモンズら豪華審査員18人 審査風景も

 同オーディションは10月2日から日本テレビ/Huluで放送・配信開始されたばかり。これに先駆け、バンドとダンス&ボーカルグループの2組をデビューさせること、20人が合格したことが発表されており、9月27日放送の『スッキリ』に生電話出演したYOSHIKIはそのうち1人の名前を言ってしまうハプニングがあった。

 この日、スタジオに生出演したYOSHIKIは、バンドは4人、ダンス&ボーカルグループは16人で、バンドは年末デビューと発表。ダンス&ボーカルグループについては「少し絞られていくのと、どっかでパワーアップしていく」と語り、MCの加藤浩次が「なんですか?パワーアップって」と追及すると、「説明できない。いろいろ奇想天外なんですよ」と苦笑いした。

 そして、合格者第1号として、先週の放送で名前を明かしてしまった丸尾隼(まるお・はやと)を改めて発表。大阪府出身の23歳で、YOSHIKIは「丸尾隼くんは総合的に歌もうまいですし、ダンス歴は浅いんですが、総合的にスター性を持っています」「ボーカリストとしてもすばらしいんですが、『スターになる』と最初から言ってるんですね。『スターになるまでやります』って」とスター性と意思の強さを評価した。

 さらに、2人目の合格者として東京都出身23歳の大島莉旺(おおしま・りお)を発表した。クラシックピアノ歴15年、ダンス歴8年。16歳でアメリカに留学し、ボストンにある名門バークリー音楽大学に進学した。審査を担当したサラ・ブライトマンは「若いのに自分らしさユニークさを持っています」と称賛。YOSHIKIは「大島くんはすごい経歴ですよね。英語もペラペラなんですね。なのに日本に戻ってきてもう一度頑張ってみたいという意気込みに心を打たれました」と語った。2人はダンス&ボーカルグループのトレーニングを行っていることも明かされた。

 『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』はHuluで毎週土曜午前0時に新エピソードを配信。丸尾、大島の2人を紹介する第2話は、8日に配信される。
    ニュース設定