侍ジャパン、11月の強化試合出場選手を発表「WBCを勝ち切るために一番良いチーム」

5

2022年10月04日 15:04  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

侍ジャパン、11月の強化試合出場選手を発表 (C)ORICON NewS inc.
野球日本代表「侍ジャパン」が4日、11月に開催する『侍ジャパンシリーズ2022』の出場選手発表記者会見を行った。栗山英樹監督と、侍ジャパン強化委員会・委員長を務める井原敦氏(日本野球機構事務局長)が登壇し、全28人の名前を読み上げた。

【写真】”侍ジャパン初選出”ジャイアンツ戸郷翔征選手も出席

 栗山監督は、「誰を選んでも良いと言えるほど各チームのレベルが高い」「本当にギリギリまでいろいろなことを考えた」「主力選手も入れ替わりの時期に来ていると思うので、その分難しかった」とした上で、「3月のWBCを勝ち切る、優勝するために一番良いチームを選んだ」と自信をのぞかせた。

 続けて「シーズンの後で、大変疲れ切っている時期だと思います」と選手たちをねぎらいながらも、「全員に、どのポジションどんなプレイでもやってもらわなければ困る、チームが勝つために何でもやって欲しいと伝えた」と語った。

 来年3月9日から開催される『WORLD BASEBALL CLASSIC 2023』もしっかりと視野に入れているとし、「選手たちには今回の4試合で結果を出してもらって、このメンバーのまま、来年3月に臨むくらいの気持ちでやりたい」「そのために4試合でいろいろと試したい」と、28人の選手たちに期待を寄せた。

 また、同会見の時点でキャプテンが未定であることについて「いろいろと考えているのでもう少し時間がほしい」といい「全員がチームを引っ張っていく気持ちで頑張ってもらいたい」と力を込めた。

 侍ジャパンは、11月5日に北海道日本ハムファイターズ、6日に読売ジャイアンツ、9日・10日にオーストラリア代表と強化試合を行う。

■『侍ジャパンシリーズ2022』出場選手
【投手】
佐々木朗希(背番号11・千葉ロッテマリーンズ)
森浦大輔(背番号13・広島東洋カープ)
高橋宏斗(背番号14・中日ドラゴンズ)
大勢(背番号15・読売ジャイアンツ)
宮城大弥(背番号16・オリックス・バファローズ)
伊藤大海(背番号17・北海道日本ハムファイターズ)
森下暢仁(背番号18・広島東洋カープ)
戸郷翔征(背番号20・読売ジャイアンツ)
今永昇太(背番号21・横浜DeNAベイスターズ)
山崎颯一郎(背番号22・オリックス・バファローズ)
與座海人(背番号44・埼玉西武ライオンズ)
高橋奎二(背番号47・東京ヤクルトスワローズ)
湯浅京己(背番号65・阪神タイガース)

森友哉(背番号10・埼玉西武ライオンズ)
甲斐拓也(背番号19・福岡ソフトバンクホークス)
中村悠平(背番号27・東京ヤクルトスワローズ)

山田哲人(背番号1・東京ヤクルトスワローズ)
源田壮亮(背番号2・埼玉西武ライオンズ)
牧秀悟(背番号3・横浜DeNAベイスターズ)
岡本和真(背番号25・読売ジャイアンツ)
中野拓夢(背番号51・阪神タイガース)
村上宗隆(背番号55・東京ヤクルトスワローズ)
周東佑京(背番号4・福岡ソフトバンクホークス)
近本光司(背番号5・阪神タイガース)
佐藤輝明(背番号7・阪神タイガース)
近藤健介(背番号8・北海道日本ハムファイターズ)
塩見泰隆(背番号9・東京ヤクルトスワローズ)
西川龍馬(背番号63・広島東洋カープ)

■ 『侍ジャパンシリーズ2022』試合日程
11月5日 VS 北海道日本ハムファイターズ(東京ドーム)
11月6日 VS 読売ジャイアンツ(東京ドーム)
11月9日 VS オーストラリア代表(札幌ドーム)
11月10日 VS オーストラリア代表(札幌ドーム)

このニュースに関するつぶやき

  • 岡本和真は来季からロッテでおけ?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定