大谷翔平が18試合連続安打 鈴木誠也ノーヒット、ダルビッシュは月間MVP受賞

14

2022年10月04日 15:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

18試合連続安打をマークしたエンゼルス・大谷翔平
◆ 鈴木誠也は第一子誕生後初のノーヒット

 エンゼルスの大谷翔平選手(28)は現地時間3日(日本時間4日)、敵地でのアスレチックス戦で自己最長を更新する18試合連続安打をマークした。

 「3番・指名打者」で先発出場した大谷は、第1打席から2打席連続で空振り三振に倒れたものの、5回の第3打席に右中間を破る適時二塁打を放った。エンゼルスは延長10回サヨナラ負けを喫したものの、大谷個人としては4打数1安打2打点。シーズン打率.275、95打点とした。

 カブスの鈴木誠也選手(28)は同日のレッズ戦に「3番・右翼」で先発出場し4打数0安打1三振。第一子が誕生してから続いていた連続安打は4試合でストップし、今季の打率を「.267」に下げた。

 また、パドレスのダルビッシュ有投手(36)は、月間6戦5勝1敗、防御率1.85の好成績を残し、9月度のナ・リーグ月間MVPを受賞。チームは前日にプレーオフ進出を決めており、今季チーム最多16勝を挙げたダルビッシュは現地7日・ワイルドカードゲーム初戦での先発登板が最有力とみられている。

このニュースに関するつぶやき

  • 2打点……打点のびるかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定