ロンドン発の傑作ミュージカルを豪華スター共演で映画化『トゥモロー・モーニング』ポスター&場面写真

1

2022年10月04日 16:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『トゥモロー・モーニング』©Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd. Exclusively licensed to TAMT Co.
ロンドンで喝采を浴びた感動のミュージカルを映画化した『トゥモロー・モーニング』の公開日が12月16日(金)に決定し、日本版ポスタービジュアルと場面写真が解禁された。




ロンドンを舞台に、“結婚前夜”&“離婚前夜”の男女に訪れた<出会い>の奇跡を描く本作。愛しているのに、すれ違ってしまう心と心。別れの前夜、ふたりの心に甦る愛の軌跡を、エネルギッシュでメロディアスな楽曲とともに綴る、極上のミュージカル映画だ。

脚本・音楽を手掛けたのは、才能溢れる英国の音楽家ローレンス・マーク・ワイス。2006年にロンドンで生まれたミュージカルは、2013年に日本でも石井一孝、島田歌穂、田代万里生、新妻聖子といった実力派キャストで上演され話題を呼んだ。

そして、初演から15年。「フェーム」や「ウィー・ウィル・ロック・ユー」のワールドツアーで演出・振付するなど、数多くの人気作でマルチな才能を発揮するニック・ウィンストン監督が新バージョンで映画化した。

共演するのは、映画・舞台の『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役、「アナと雪の女王」エルサ役など、有名ミュージカルのヒロインを多数演じ、世界を魅了するサマンサ・バークスと、ミュージカル「オペラ座の怪人」で史上最年少の28歳で主役のファントム役に大抜擢され、「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役でブロードウェイ・デビューを果たし、数々の賞を受賞してきたラミン・カリムルー。世界最高峰のミュージカル・スターが夢の映画初共演で、ひと組の男女の愛と人生を、美しいメロディーにのせて描く。

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、「あしたの朝になれば、すべてが変わるー」というキャッチコピーが添えられ、離婚寸前の夫婦を演じるサマンサ・バークスとラミン・カリムルーの姿が切り取られている。ロンドンの美しい街の風景も相まって、映画への期待が高まる、爽やかなビジュアルとなっている。

併せて解禁となった場面写真では、夫婦が口論している様子もとらえられ、2人のその後の展開が気になるところ。

ミュージカルスターの豪華共演にも注目が集まる、現代的な男女の物語が鮮やかに彩られた、エモーショナルなミュージカルエンターテインメントだ。

『トゥモロー・モーニング』は12月16日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。




(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • サマンサ・バークス主演ということで、これは鑑賞予定に入れます! 「レ・ミゼ」のエポニーヌの叶わぬ恋心「ON MY OWN」が凄く印象的ですよね!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定