Jアラート、東京島しょ部に警戒情報を誤配信 北朝鮮のミサイル発射で

47

2022年10月04日 20:41  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

松野官房長官(政府インターネットテレビより)

 10月4日の北朝鮮によるミサイル発射直後、東京都の島しょ部に出た警戒情報(国民保護情報)は誤配信だった。松野官房長官は同日午後の記者会見で原因を調べる考えを示した。



【その他の画像】



 4日午前7時22分に北朝鮮が発射した弾道ミサイルは最高高度1000kmで青森県上空を通過し、日本のEEZ(排他的経済水域)外に落下した。



 政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて北海道と青森県にある4市町に警戒を呼びかけた。この影響で東北新幹線や北海道新幹線が一時運転を見合わせた。



 一方、誤って東京都の島しょ部9町村にもミサイル発射の情報伝達が行われていた。これを受けて東京都の防災アプリ「東京都防災」も島しょ部7村に「ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。建物の中、または地下に避難してください」と通知していた。



 松野氏は「関係省庁が原因を究明中」と話している。


このニュースに関するつぶやき

  • くるくる詐欺になったらますます平和ボケするな(笑)
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

ニュース設定