漫画家・かざま鋭二さん、すい臓がんのため75歳で死去 30年以上続いた『風の大地』に悲しみの声「もう見られないのか……」

13

2022年10月04日 21:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

『ビッグコミックオリジナル』で連載されていたゴルフ漫画『風の大地』(出典:Amazon.co.jp)

 『風の大地』で有名な漫画家のかざま鋭二さんが10月2日、すい臓がんのため亡くなりました。75歳でした。同漫画を連載していた『ビッグコミックオリジナル』の版元である小学館が4日、明らかにしました。



【その他の画像】



 小学館によると、葬儀は親族のみで執り行ったそうです。同社は、「30余年に渡り「ビッグコミックオリジナル」で『風の大地』をご執筆いただいた、先生の生前のご功績に対する心からの敬意とともに、謹んで哀悼の意を表します」というコメントとともに、読者や関係者に深い感謝の意を表しました。



 かざまさんは、1966年に『その名はゼロ』で貸本漫画デビュー。1969年に雑誌『少年キング』に『栄光への5000キロ』で一般漫画誌デビューを果たしました。その後も、『セニョール・パ』『Dr.タイフーン』と作品を執筆し続け、1991年から連載が始まった『風の大地』は30年以上にも及ぶ大作となりましたが、最近は病気療養で休載となっていました。


このニュースに関するつぶやき

  • 『我ら九人の甲子園』衝撃的でした。
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定