「テレワークは生産性を下げる」は妄想か? 社員を監視したいリーダー層にMicrosoftが警鐘

5

2022年10月05日 08:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

Microsoftの記事から引用

 COVID-19の終息傾向を受け、多くの企業がオフィスの再開・テレワークの縮小に踏み切っている。しかし「家族の介護があるために自宅にいられる時間を増やしたい」「遠隔地に住んでいるが希望の会社・職種で働きたい」などの理由から、パンデミック後もテレワークを継続する(あるいは通勤とテレワークを併用する「ハイブリッド型」で働く)ことを願う労働者も少なくない。



【その他の画像】



 そのため事務職などテレワークと相性の良い職種や業界では、今後もある程度の企業がテレワーク制度を存続させるだろうと見込まれている。しかしテレワークを巡る議論に、Microsoftから新たな一石が投じられている。それは「生産性パラノイア」と名付けられた問題で「それがテレワークを阻害しかねない」と彼らは訴えている。



●Microsoftが指摘する「生産性パラノイア」とは



 Microsoftは9月22日、「Hybrid Work Is Just Work. Are We Doing It Wrong?」と題されたレポートを発表した。



 これは通勤とテレワークが混在する「ハイブリッドワーク」が珍しいものでなくなったウィズコロナ時代に、企業のリーダーに求められるものは何かを探ることをテーマとしたレポート。調査対象は11カ国の2万人で、さらに「Microsoft 365の数兆件に及ぶ生産性シグナル、LinkedInの雇用トレンド、Glint People Scienceのインサイト」を分析したとしている。



 その結果、同レポートが企業のリーダーに推奨している行動の一つが「生産性パラノイアの解消」だ。パラノイア(偏執病、偏執症)とは、何らかの妄想に固執している状態を指す言葉だが、生産性に関する「妄想」に取りつかれているとはどのような状態なのだろうか。Microsoftはアンケートを行った結果の中で、次のような内容を紹介している。



 従業員に対して「普段の日に『仕事において生産的であると感じる』にどの程度同意しますか、または同意しませんか?」と質問したところ、同意する(つまり自分が生産的だと感じている)従業員の割合は、87%と圧倒的多数だったそうである。



 さらにMicrosoftは、Microsoft 365から得られたデータなどに基づいて「Microsoft Teamsの平均的なユーザーにおいて、パンデミック開始以来、週当たりの会議数がグローバルで153%増加」「会議の重複(ダブルブッキング)がこの1年で1人当たり46%も増加」といった従業員の生産性に関する分析結果を紹介している。



 そしてこれらの情報から、従業員は自らの生産性が高いと認識しているだけでなく、実際に「かつてないほど働いている」との結論を導き出している。ところがリーダー層はというと、彼らの多くがハイブリッドワークをしているチームの生産性に自信を持てない状態に陥っている。



 リーダーシップ層の調査対象者に対して「ハイブリッドワークへの移行がもたらす新たな変化について考えると、『従業員が生産的である』と自信を持って答えられますか?」と質問したところ、「生産的であると確信している」と答えたリーダーの割合は、逆に12%と少数派だったそうだ。



 その結果、労働時間や会議の回数などの活動指標は増えているのに、従業員が働いていないことで生産性が低下していると、リーダーが懸念している状況が生まれており、それをMicrosoftが「生産性パラノイア」と呼んでいるのである。つまり妄想に固執しているのは、リーダー側というわけだ。



●監視の果てに待つのは、社員の「生産性劇場」



 こうしたパラノイアに取りつかれたリーダーが行いがちなこと、それはもちろん、テレワーク中で離れた場所にいる従業員の監視である。以前もこの連載で紹介したが、Webメディアを運営する米Plansponsorが米国で2021年9月に行ったアンケート調査によれば、テレワークで働く従業員を抱える企業のうち、60%で何らかの従業員監視ツールが導入されていた。



 そして導入の理由としては、従業員がどのように就労時間を過ごしているかを把握する(79%)、従業員が決められた就労時間いっぱい働いていることを確認する(65%)などとなっており、「サボっていないか」をチェックするのが最大の目的となっている。



 しかしこうした監視行為は、逆に生産性を阻害するものになり得るとMicrosoftは主張している。



 現在普及している監視テクノロジーの多くが、従業員が行った活動の成果ではなく、活動そのものに関するデータを収集している。例えば従業員が提案書を作成しているとしよう。このタスクの生産性を測るため要素として、「提案書を作成するソフトウェアを操作していた時間」や、「提案書の説得力」などが考えられる。



 しかし前者(活動そのもの)はデジタルデータとして収集しやすいのに対して、後者(活動の成果)は数値に変換しづらい。そのため多くの企業が、前者に関する監視ツールを採用している。



 実際にPlansponsorの調査によれば、Web閲覧やアプリケーション使用の履歴を取るソフトウェア(アンケートに回答した企業の76%が導入)、従業員が使うPCのスクリーンショットをランダムに撮影するソフトウェア(同60%)、キーロガー(同44%)などが一般的に見られるツールとなっている。



 しかしこのように活動に注目した監視を行っていると、従業員はなぜ自分がトラッキングされているのかという背景が理解できず、会社に対する信頼感を失い、「生産性劇場」へと走ってしまうとMicrosoftは指摘する。



 生産性劇場とは、従業員が自分の生産性を高く見せるために、まるで劇場の舞台に立っているかのように見せかけのパフォーマンスを行うようになる状態を指す表現だ。例えばいま、テレワークをしている従業員がいて、Web会議に参加している時間が生産性を測る指標の一つとなっているとしよう。



 参加している会議が本当に必要なものなのか、あるいは会議内で議論をリードするような発言を行ったかといった品質面に関するチェックが行われなければ、この従業員は次第に、会議の本数を意味なく増やすようになるだろう。あるいは会議を短時間で終わらせないために、皆の意見をまとめるという姿勢を怠るようになるかもしれない。これが「生産性劇場」である。



 生産性劇場で行われるパフォーマンスは、あくまでも生産性を高めるように「見える」行為であるために、それが行き過ぎると逆に生産性を阻害してしまう可能性が高い。Microsoftはこの可能性を危惧しているのである。



●パラノイアを解消するために



 だからこそ今回のレポートでは、「生産性パラノイアの解消」をリーダーに促しているわけだが、具体的にどのようなアクションが考えられるのだろうか。



 Microsoftはパラノイア解消に向けた動きの例として、「活動だけでなくインパクト(成果)にも報いるようにする」や「積極的に部下の声を聴くようにする」といった当然の対策に加えて、「OKR」「NO-KR」の活用を挙げている。



 OKRとは「Objectives and Key Results(目標と主要な成果)」の略で、Googleなど大手IT企業において、目標管理のための手法として採用されたことで注目を集めている。詳しくは関連記事を参照していただければと思うが、簡単に言えば、明確な目標を掲げると同時に、その達成度を測るための定量的指標を設定しておくというものである。



 また目標設定と評価のサイクルが、従来の目標管理に比べて短期間で行われる(数カ月で1サイクル程度の頻度)ことも特徴となっている。一般的にOKRを採用することで、従業員により大きな力が与えられると同時に、「自分は会社に対してどのように貢献できるのか」という意識を従業員が持ちやすくなるとされている。



 NO-KRについては、Microsoft社内で行われている取り組みとして「より重要な仕事を成し遂げるために、やらない仕事やプロジェクトを特定し、共有」すると説明しており、OKRを補足する手法として位置付けているようだ。つまりOKRで「何をすべきか」、NO-KRで「何をすべきでないか」を設定しておくことで、従業員がより自主的に適切な行動を取れるようになるわけである。



 とはいえOKRも、「O」の部分、すなわち目標設定を適切に行うのが難しいといった批判もある。従来の目標管理手法とは異なるものだけに、一朝一夕で定着させることはできないだろう。



 しかし従来の手法や、短絡的な監視という方法では、テレワークで働く従業員の生産性を損なってしまう恐れがある以上、ハイブリッドワーク全体で通用する管理手法へと速やかに移行しなければならない。現状で完璧とは考えられないアイデアでも、積極的にトライアル・アンド・エラーで適宜修正していく姿勢が求められている。



 コロナ感染者の「全数把握」見直しも、ウィズコロナ時代にふさわしいパンデミック警戒態勢を探るための取り組みの一つと考えられる。新型コロナウイルス対策としては、「正しく恐れる」ことが重要だという指摘がなされていたが、従業員の生産性についても「パラノイア」から脱して、正しく管理していくことが重要といえるだろう。


このニュースに関するつぶやき

  • 工場勤務労働者じゃないんだから、個人によって生産性は数倍の差もある。人が8時間かかる仕事を2時間で片づけたら6時間休憩してても文句言われる筋合いはないわ。時間でなく成果で給料を払うべき。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定