『AERA』が異例の重版決定 表紙を飾る羽生が本音を吐露「スケートをやって、何かしら表現して、苦しくて、つらくて」

15

2022年10月05日 10:35  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『AERA 2022年10月10-17日合併号』の表紙を飾る羽生結弦
プロフィギュアスケーターの羽生結弦が表紙を飾る、3日発売の『AERA』10月10-17日合併号(朝日新聞出版刊)の重版が決定した。週刊誌としては、異例の対応となり、神秘的で幻想的な写真とプロ転向後の思いを語った独占インタビューが話題を呼んでいる。

【写真】天を仰ぎ、凛々しい表情を見せる羽生結弦

 同号の表紙は、白・青・ゴールドの花をバックに、まっすぐな視線を向ける羽生。手にした読者からは「想像を遥かに超えてきた。美しすぎる」「この世のものとは思えない」「神々しい」など感嘆とも悲鳴ともつかない喜びの声が届いている。

 中面には全11ページにわたる独占ロングインタビューとグラビアページも掲載。表紙とは違う羽生の姿をとらえた。凛とした鋭いまなざし、憂いをたたえた表情、満面の笑みなどさまざまな羽生に出会える。

 ロングインタビューは、羽生の3度の五輪などを現地で見てきた朝日新聞スポーツ部の後藤太輔氏が担当。旧知の記者にだからこそ語れるプロ転向後の率直な思いが伝わってくる内容となっている。「スケートをやって、何かしら表現して、苦しくて、つらくて。でも、 それがないと、やっぱり生きている心地がない」「みんなが幸せだから、自分も幸せっていうふうに思いますね」など羽生の生の言葉も見逃せない。加えて、これまでのインタビューや会見の言葉から、羽生の印象的な言葉10個を後藤氏がセレクトした名言集も見どころとなっている。

 重版分は13日以降、順次店頭やネット書店に並ぶ。

このニュースに関するつぶやき

  • 羽生くん表紙な上にこじふぉと掲載号だからね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定