YOKO FUCHIGAMI、アルマーニイベントでファッション漫談 三吉彩花も「勉強になります!」でツッコミ不在

1

2022年10月05日 10:42  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ファッション漫談をした(左から)YOKO FUCHIGAMI(ロバート・秋山竜次)、三吉彩花 (C)ORICON NewS inc.
お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が扮するファッションアドバイザー・YOKO FUCHIGAMIが5日、東京・伊勢丹新宿店にて『GIORGIO ARMANI la Prima』ポップアップストアのオープニングイベントに登場し、モデルの三吉彩花とともにトークセッションを行った。

【全身ショット】金髪ヘア×ブラックコーデでモードな雰囲気をみせる三吉彩花

 YOKO FUCHIGAMIは、開口一番に「パリコレから直接セスナで来た」と語り、「駐禁取られたら呼んで!」と冒頭からフルスロットル。三吉については「スタイルが本当に良いから、今度私のコレクションにも出てほしい」と熱烈なオファーも。

 ジョルジオアルマーニの印象についてMCから聞かれた際には、「アルマさんと呼んでいる」「アルマさんが来日したときに『ミラノが恋しい』と言い出したから、ミラノサンドAを食べさせた」と妄想を全開にしつつ、「(ジョルジオアルマーニのバッグは)発色が良い」「このバッグに負けないように、YOKO FUCHIGAMIらしさと調和させるイメージで今日の衣装を選んだ」とファッションアドバイザーらしい言葉も飛び出した。

 トーク中、三吉から「普段からおしゃれにバッグを身につけられるようになる方法は?」と聞かれたFUCHIGAMIは、「中に物を入れるという考え自体がもう昔のもの」と話し、「私は寒天を入れている」と仰天発言。三吉も「勉強になります!」と返し、ツッコミ不在のままイベントは進んでいった。

 終盤では、「アルマーニさんを見習ってファッション業界を盛り上げていきたい」としつつ、ジャングルをイメージしたストアの内装にちなみ、田原俊彦の「ジャングルJungle」を熱唱。会場が絶妙な空気に包まれる中でも歌い続けるFUCHIGAMIに対し、三吉が「まだ時差ボケが…」とフォローとも言えるツッコミを入れ、イベントを締めくくった。

 『GIORGIO ARMANI la Prima』は、イタリアを代表するラグジュアリーブランド・ジョルジオアルマーニが自社の“アイコンバッグ”として位置付けており、同商品を紹介するワールドツアーをイタリア、中国、ニューヨークで開催。今回東京に初上陸した。

 このワールドツアーの東京上陸を記念し、10月5日(水)から11日(火)までの期間限定で、伊勢丹新宿店本館1Fザ・ステージに「GIORGIO ARMANI la Prima」が一堂に会すポップアップストアを展開する。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定