『ガンダムSEED』放送20周年、午後7時より第1話公開 公式ブック発売&イザークのラジオ番組配信へ

188

2022年10月05日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『機動戦士ガンダムSEED』第1話の場面カット (C)創通・サンライズ
2002年10月5日に放送がスタートしたテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』は、本日5日に放送開始20周年を迎えた。これを記念して、ガンダム公式YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にて、『機動戦士ガンダムSEED』第1話が午後7時よりプレミア公開される。

【画像】イザークが語る!オリジナルラジオ番組『イザークの種になる話』 ビジュアル

 さらに、「機動戦士ガンダムSEED 20周年記念オフィシャルファンブック」、ガンダムファンクラブで配信する周年記念ラジオ番組「イザークの種になる話」の情報が解禁されたほか、公式サイトもリニューアルオープンした。

 『機動戦士ガンダムSEED』の20周年記念オフィシャルブックは2冊セットで発売され、充実の内容を収録したファンブック「フリーダム」には、本作の世界観・ストーリー解説はもちろん、放送当時から近年に至るまでの版権イラストの数々を収録。キャラクターやメカなどの設定類を収録した「ジャスティス」には、本作の背景を彩る美術ボード等を掲載。各冊子には豪華声優陣や制作スタッフによるインタビューも掲載される。

 『機動戦士ガンダムSEED』の放送開始20周年を記念した、ガンダムファンクラブが制作するオリジナルラジオ番組「イザークの種になる話」が10月末より配信。イザーク・ジュール役の関智一がパーソナリティを務め、ゲストとの作品トークや、リスナーからのお便り紹介など、20年分の思いが凝縮された“種”になる話をお届けする。番組内で紹介するお便りは、ガンダムファンクラブアプリで現在募集中。

 『機動戦士ガンダムSEED』シリーズは、21世紀に入って初めて制作されたテレビシリーズのガンダム作品。C.E.(コズミック・イラ)71、遺伝子調整がおこなわれた人類(コーディネイター)とこれまでの人類(ナチュラル)は、軍事組織ザフトと地球連合軍に分かれ、戦いを繰り広げていた。この戦争を通じ、コーディネイターであるキラ・ヤマトと幼馴染みのアスラン・ザラの苦悩と成長を描いている。

■機動戦士ガンダムSEED 20 周年記念オフィシャルブック
価格:1万1000円(税込)
A4 左綴じ/フルカラー冊子2 種セット
ファンブック「フリーダム」(250P 以上予定)
設定資料本「ジャスティス」(100P 以上予定)
三方背BOX ケース付き(重田智&平井久司 描き下ろしイラスト)
2022年11月頃 受注開始予定、2023年4月発売予定

■ラジオ番組「イザークの種になる話」
出演:関智一(イザーク・ジュール役)
配信スケジュール:2022年10月末より毎月1回配信予定

このニュースに関するつぶやき

  • え!?SEEDってもう20年になるの!?(゚Д゚)アニソンも懐メロの域になるのか…、歳取る訳だ(´-ω-`)
    • イイネ!27
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(110件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定