川栄李奈、朝ドラ以来の連ドラで真逆の役柄 山田涼介は褒められ照れ「次の朝ドラのヒロイン僕に来ます」

2

2022年10月05日 13:43  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

フジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』会見に出席した川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.
人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介(29)と俳優の川栄李奈(27)が5日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(きょう5日スタート、毎週水曜 後10:00)の会見に出席した。

【写真】爽やかな笑顔を見せる山田涼介

 同作は「ヤングマガジン」(講談社)で2018年5月〜19年8月に連載された人気コミックの実写化。連続殺人犯を父に持つ大学生・エイジ(山田)がある日、自らが二重人格であることを悟り“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないという底知れぬ不安から真相を明らかにしようと決意。そこから驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる二重人格サスペンスを描く。

 川栄は、今年4月まで放送された連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』でヒロインを演じて以来、初の連ドラ出演となる。同作では、『カムカム』とは真逆の笑顔を封印した役どころだが、朝ドラ撮影の経験を生かせていることについて問われると、なぜか山田が「もちろんありますよ!川栄さんは!ね!」とノリノリ。川栄は「技術的な面では、台本の覚えがすごく早くなった」と明かし「朝ドラ撮影も体力がいる撮影だったので、体力的には今、すごくあり余ってる状態です!」と語った。

 続けて「朝ドラを経験して、この撮影に入ったんですけど、朝ドラのヒロインと同じぐらい山田さんの役大変だと思います。拷問されたりもそうですし、せりふ量も朝から晩までの撮影もされて。ほかの仕事もやられているので、本当にすごいなこの人はと思って近くで学ばせてもらってます」と思いを伝えた。山田は「たぶん、次の朝ドラのヒロイン僕に来ます」と照れていた。
    ニュース設定