KADOKAWA、東京五輪の汚職事件めぐり記者会見 夏野剛社長が謝罪「深くお詫び」

2

2022年10月05日 17:06  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

夏野剛氏 (C)ORICON NewS inc.
出版大手のKADOKAWAは5日、2021年に開催された『東京 2020 オリンピック・パラリンピック』(東京五輪)の汚職事件をめぐり、都内で会見を開いた。冒頭、夏野剛代表取締役社長が謝罪した。

【写真】刊行が休止されたKADOKAWA『東京ウォーカー』

 夏野氏のほか、代表取締役の山下直久氏、取締役の村川忍氏が出席した。夏野氏は「当社グループの読者の皆さんやユーザーの皆さん、作家の皆さん、クリエイターの皆さん、取引先の皆さま、そして株主・投資家をはじめとして関係するすべての皆さまの当社への信頼を裏切ることとになってしまい、かつ、多大なご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます」とし、東京五輪のアスリート、ボランティア、観客に向けても「深くお詫び申し上げます」と伝えた。約10秒間頭を下げた。

 KADOKAWAをめぐっては、東京五輪のスポンサー選定で便宜を得るため、大会組織委員会元理事・高橋治之容疑者に賄賂を渡した疑いで、当時会長だった角川歴彦被告をはじめ、元専務の芳原世幸被告、元2021年室室長の馬庭教二被告が東京地検特捜部に逮捕・起訴された。

このニュースに関するつぶやき

  • 某書房じゃなくて、残念がる某キャラクターがいたなぁ…。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定