キム・ヒチョル、ソン・ウォンソクら出演、恋愛リアリティショー『ピンク・ライ』の魅力

0

2022年10月05日 17:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

9月30日に韓国で行われた『ピンク・ライ 〜嘘を知っても愛せますか?』制作発表会見に出席した(左から)ソン・ウォンソク、イ・ソンビン、キム・ヒチョル、ラルラル(C)2022 Disney and related entities
動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、本日(5日)より独占配信がスタートした恋愛リアリティショー『ピンク・ライ 〜嘘を知っても愛せますか?』(初週2話配信、毎週水曜更新、全12話)。先月30日に、韓国で行われた制作発表会見に出席した、参加者たちの恋愛模様をスタジオで見守るMCのキム・ヒチョル(SUPERJUNIOR)、女優のイ・ソンビン、俳優のソン・ウォンソク、人気ライブストリーマーのラルラルが、それぞれ番組の魅力を語った。

【画像】登壇者の1ショット

 同番組は、"誰にも言えないウソ”を一つずつ抱えた参加者たちが、“嘘のない”ありのままの自分を愛してくれる人を見つけるため、シェアハウスで共同生活をはじめる恋愛リアリティーショー。ディズニープラス公式YouTubeでは、第1話の無料公開も行っている(※10月11日午後3時59分まで)。

■キム・ヒチョル

 今作はドラマよりもよりドラマチックで、映画のようで、本当に次が気になる作品です。皆さんの好奇心を掻き立てる作品です。なぜ、僕がこんなにハマっているのか考えてみたんです。これは編集のおかげかもしれないのですが、ストーリーが一人称で話が進むからなのではないかと。“万が一、僕が何か一つの嘘をつくなら、どんなうそをつこう?”とか考えながら、自分がその中に入って一人で想像しながら観ることができる。まるでゲームの中に入り込んだみたいに楽しめる作品です。

■ソン・ウォンソク

 「この人の嘘は何だろう」「この人にはどんな事情があるのだろう」と参加者に思いをはせたり、嘘が明らかになったあとの感情の変化や関係性、出演者たちの間に生まれるぎこちなさや嫉妬を楽しんだり、様々な見どころがある作品です。参加者たちの各自の魅力と僕たち4人のMCのケミ、そして物語を楽しく観ていただけたらうれしいです。

■イ・ソンビン

 似たようなカテゴリーのコンテンツをたくさん観ていると飽きてくることもあると思います。でも、『ピンク・ライ』は、飽きる暇がない作品です。緊張感もあって、好奇心も掻き立てられて、次の回がものすごく待ち遠しい新しい恋愛プログラムなので、期待して応援していただけるとうれしいです。

■ラルラル

 とても面白い、それしか言葉がありません。作品に出演出来て幸せでしたし、楽しかったです。今作とほかの作品との一番の違いは、映像美です。映画よりも美しくて、まるで童話の中の物語のようです。また、脚本があったとしてもおもしろいと思えるくらいのドラマチックなストーリーと、恋愛リアリティ番組とは思えないスケールを持つ作品でもあります。皆さんも観たことを後悔しないと思います。よろしくお願いいたします。

■『ピンク・ライ 〜嘘を知っても愛せますか?』第1話特別無料配信
https://youtu.be/M58Eo0hnnhs
    ニュース設定