『七人の秘書スペシャル』2年ぶり集結で視聴率10.4% 映画への期待感高まる「楽しみすぎる」

0

2022年10月05日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

2日放送のドラマ『七人の秘書スペシャル』より(C)テレビ朝日
俳優・木村文乃が主演を務める映画『七人の秘書 THE MOVIE』の公開(7日)を控え、2日にテレビ朝日系で『七人の秘書スペシャル』が放送された。

【写真】2年ぶりに集結した『七人の秘書』たち

 望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(パク・サラン=シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)、鰐淵五月(室井滋)、萬敬太郎(江口洋介)の秘書軍団が、日本社会の悪をぶっ潰していく痛快ストーリー。

 2020年放送の連続ドラマ最終回から2年後、千代は鴨志田製作所の社長秘書、七菜は変わらず東都銀行の秘書、五月は家政婦、そして萬は司法書士で、元ラーメン店「萬」の店主をしている。さらに、元警視庁の秘書・不二子はシングルマザーになり、工場作業員として働いている。元病院長秘書・サランはある目標を実現するため病院の清掃員、元東京都知事秘書・三和はフードデリバリーの宅配員として働いている。散り散りになっていた七人が再結集し、巨大オンライン詐欺集団に立ち向かった。

 同枠の前4週平均との比較し、個人4.9%に対して、『七人の秘書スペシャル』は個人5.8%、世帯8.3%に対しては10.4%と、平均より2.1%も高い数字を獲得した。

 菜々緒を筆頭に、広瀬、大島らの痛快な活躍はSNSでも大盛り上がり。「七人の秘書、面白かったなぁ。勧善懲悪で気持ちいい! 『名乗るほどの者ではございません』と語る秘書たち。かっこよかった! 映画も観よう」「久しぶりに格好良い七人の秘書観れてスカッとした」「三和・不二子コンビ最強」といった反響があった。また、間もなく映画も公開。「三和さんのアクションやら表情やらもサイコー!! 今週映画でまた見れるのもサイコー!!! 楽しみすぎる」「約2年ぶりに見て懐かしかったし、約2年前と同じく悪い奴らを懲らしめる姿を見てスカッとしました。映画版も楽しみです」と公開を心待ちにする人も多かった。

 『七人の秘書スペシャル』は、TVerやTELASA(テラサ)などで配信中。

 『七人の秘書 THE MOVIE』では、信州一帯を支配し表の顔は地元の名家、その裏では国家とつながり、私腹を肥やすためには手段を厭わない極悪一家・九十九ファミリーの悪事を暴くミッションに挑む。
    ニュース設定