大画面が復活! カメラとバッテリー性能が向上したiPhone 14/14 Plus でもお勧めは14 Pro?

0

2022年10月06日 04:02  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

全5色展開となるiPhone 14/ 14 Plus

 製品名に「Pro」が付かないiPhoneの“標準モデル”、「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」を手に入れた。早速、製品を使ってみてのレポートをお届けしたい。



【その他の画像】



●新モデルの魅力はカメラとバッテリー性能の向上



 本題に入る前に、製品の特徴をおさらいしよう。



 6.1インチとなるiPhone 14の形状は、2021年モデルのiPhone 13とほぼ同じだ。背面にある2つのカメラレンズが斜めに配置されている点も継承する。



 ミッドナイト、スターライト、PRODUCT REDの3モデルであれば新旧製品を見分けるのは難しいだろう。iPhone 14ではブルーの色が淡い色になり、新色の淡い紫色「パーブル」が加わった。ピンクと人気のグリーンはなくなったが、AppleはiPhone 13シリーズの併売も続けているので、iPhoneをカラーバリエーションで選びたい人は、あえて13を選ぶという選択肢もある。



 実はiPhone 14と13は形だけでなく、搭載プロセッサも同じでA15 Bionicチップとなっている。ただし、GPUコアと呼ばれるグラフィックスなどの高度な処理を行う機構が1つ多く5コアになっている(iPhone 13は4コア)。重さは1gほど軽くなっているのに、バッテリー動作時間は長くなっていて、動画再生時間はiPhone 13の約19時間に対して、iPhone 14で約20時間、大型のiPhone 14 Plusでは約26時間と、iPhone 14 Pro Maxに次いで長い。



 一番の変化の特徴はカメラにある。フロントカメラがオートフォーカスに対応し、メインカメラも明るいレンズ(F1.5、iPhone 13はF1.6)になっているが、さらに大きいのは後述するPhotonic Engineという画像処理エンジンが搭載されたことで、暗いところでの写真がより美しく鮮明になる。



 ビデオ機能も進化しており、映画のようなボカシを効かせた映像が撮れる「シネマティックモード」で4K解像度の動画が撮れるようになった(iPhone 13は1080pというハイビジョン画質でしか撮れなかった)。



 さらに大きいのは「アクションモード」だろう。スポーツなどをしながらでも手ブレを感じさせないスムーズな撮影が行える機能で、アクションカメラやジンバルと呼ばれる手振れ軽減装置を不要にするとの定評がある(ただし、両機能は、ある程度の明るさがないと使えない)。



 気になるのは価格だが、最小となる128GBのiPhone 14で11万9800円、iPhone 14 Plusは13万4800円(いずれも税込み、以下同様)となる。円安の影響もあり10万円を少しオーバーしたが、日本の市場を意識してか、かなり頑張った価格設定でそれだけにお得感が増している。



 日本にいるとなかなか分からないが、今、米国ではほとんどの物価が高騰しており、観光地のホテルに泊まれば朝食代だけでも40〜50ドルかかるのが珍しくない。そこに円安が重なるため、日本円で換算すると、チップ代込みで朝食だけでも8000円を超えることもままある。そのような中で、Appleはそうした米国外、特に日本市場を気遣った価格設定を行い、日本は世界でも最も安くiPhoneが買える国になっている。



 それでも予算をオーバーしてしまっているという人向けに、Appleは2021年モデルのiPhone 13や2年前のiPhone 12の提供も続けている。画面サイズの小さなiPhone 13 mini(128GB)かiPhone 12(64GB)であれば、9万2800円という10万円を切る価格で購入できるモデルも用意されている。



●より多くの情報/より大きな表示がほしい人に朗報! Plusが復活!



 今回、製品としての機能のアップグレード以上に大きいのが、6.7インチの大型ディスプレイと26時間動作の大容量バッテリーを搭載したPlusモデルの追加だ。



 ここ数年間、大画面モデルはProシリーズにしか用意されず、標準シリーズには5.4インチのminiという小さいモデルが用意されていた。しかしAppleは、小型iPhoneの需要は4.7インチのiPhone SEで満たせると判断したのだろうか、iPhone 14では、miniモデルをなくし、代わりに大画面のPlusモデルを復活させた。



 本体サイズはiPhone 14 Pro Maxとほぼ同じで、価格は標準サイズのモデルより1万5000円高い13万4800円からとなる。



 画面が大きいということは本体も大きく、手が小さい人は片手で持てないかもしれないが、その分、写真や動画コンテンツをより大きく表示して楽しめる。



 ニュースやソーシャルメディアなどの文字情報も、同じ文字サイズであれば1画面により多くの情報を表示できる。逆に文字を読みやすい大きなサイズに変更して、従来通りの情報量を楽しむことも可能だ。



 これまで標準サイズのiPhoneを使ってきた人には、最初こそ少し慣れが必要だが、画面を下にずらして表示する機能や、キーボードを画面の右側または左側に寄せて表示する機能もあるので、これらの機能に慣れてくれば不自由なく使うことができるだろう。



 何より、ゆとりのあるバッテリー動作時間と見やすい大画面に一度慣れてしまうと、小さいiPhoneでは物足りなさを感じる。そんな魅力を備えている。



●カメラ性能は向上するも普段使いではそこまで違いはあるのか?



 iPhoneで、毎年最も大きく進化するのがカメラ機能だ。前述したように、今回は新たにメインカメラのレンズが少し明るくなりPhotonic Engineが加わった。最近のiPhoneは、複数のレンズで撮影した写真を合成し、ディテールを丁寧に描くDeep Fusionという技術を備えている。自動的に処理が行われるためユーザーが意識することはない。これにより、室内など暗い場所で撮影した写真のディテールがより丁寧に描かれる。



 どんな違いが出るのか、ぬいぐるみを使って暗い部屋で撮影テストを行った。最初はぬいぐるみの毛の部分に注目しており、それほど違いが出ていないと感じていたが、よく見ると右側に置かれた本の表紙のテクスチャーや、本の中央の写真のディテールがiPhone 14の方が(13に比べて)丁寧に描かれていることが分かる。



 とはいえ、最近のiPhoneはどれも写真が本当にきれいに撮れるので、よほど特殊な条件下だったり、細かいこだわりを持って撮影したりする人でないと違いを感じないことも多いのではないか、というのが正直な感想だ。



 これに対してビデオカメラの恩恵はすぐに分かる。手ブレ補正のアクションカメラは画面が少し暗めに写りはするものの、驚くほど手振れを取り除いてくれる。日常風景をボカシ効果を使ってドラマチックに撮影するシネマティックモードが、4Kの画質で撮れるようになったことの恩恵も大きい。



 個人的には、日々の生活でビデオを撮影することが多い人には、iPhone 13以前のモデルよりもiPhone 14をお勧めしたい。



 一方、余裕がある人には是非ともProシリーズをお勧めしたいというのが正直なところだ。14と14 Proは、常時表示のディスプレイやDynamic Islandなど価格差の3万円では見合わないくらい、多くの機能差や性能差をもたらしているからだ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定