土屋太鳳、篠原ともえデザインの“新制服”で新CM

1

2022年10月06日 04:05  ナリナリドットコム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真
女優・土屋太鳳(27歳)が、CMキャラクターを務めるタカラスタンダードの新CMに出演。10月7日から「家族が、ぐっと、近くなる(キッチン・バスルーム)」篇、11月1日から「家族が、ぐっと、近くなる」篇の放映を開始する。今回のCMでは、北斗晶・佐々木健介と共演した。

その他の大きな画像はこちら



2022年に創業110周年を迎えたタカラスタンダードの新CMは、「家族が、ぐっと、近くなる。」がコンセプト。ショールームアドバイザーとして4年目を迎えた土屋が、110周年を機に、10月1日よりリニューアルする新制服に初めて袖を通して登場する。

この新制服のデザインは、デザイナーの篠原ともえが手掛けたもの。篠原は実際にショールームで働くアドバイザーの意見を取り入れながら、「水回りの会社」ということが一目でわかるよう、「水の流れ」をテーマに今回の新制服をデザインした。

CM撮影の前に、土屋は制作段階の制服をいち早く見たそうで、初対面の篠原からコンセプトやこだわり抜いた素材とデザインについて説明を受け、実際に制服に触れた感想を「色々な着方ができるのがやっぱりうれしいですよね。パンツとジャケットを組み合わせたり、スカートを組み合わせたり、マタニティがあったり、お客様に説明するアドバイザーの方々が、窮屈ではなくフリーな気持ちでいられるのが一番大事だと思います」と、まさに“ショールームアドバイザー”の気持ちでコメント。

撮影では、完成した新制服に初めて袖を通し、土屋は「すごく着やすいです。解放感というか本当にリラックスできるような着心地です」「とても動きやすいので、今日の撮影は、色々と動いてみようと思います」と気合十分で撮影に臨んだ。




元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20221074709.html


    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定