松坂桃李&広瀬すず&磯村勇斗&横浜流星が受賞!「第14回TAMA映画賞」

13

2022年10月06日 05:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『LOVE LIFE』c2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS
「第14回TAMA映画賞」の受賞作品及び受賞者が決定した。

2009年にスタートしたTAMA映画賞は、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考、「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する。

最優秀作品賞を受賞したのは、矢野顕子の楽曲から着想を得た深田晃司監督の『LOVE LIFE』と、辻村深月によるアニメーション業界で奮闘する者たちを描いたお仕事ドラマの映画化『ハケンアニメ!』(吉野耕平監督)。実行委員会は2作品について「平和な日常が一転し、深い哀しみやばかばかしいほどの虚しさに覆われたヒロインが、深層にあった愛を選び、踏み出していくさまは人生の本質を映し出していた」(『LOVE LIFE』)、「好きを原動力に邁進する登場人物たちと映画製作に関わった人々の情熱がリンクし、大きな共感と明日への希望を見せてくれた」(『ハケンアニメ!』)と受賞理由を述べている。

また、最優秀男優賞・女優賞には、『さがす』『バイオレンスアクション』に出演した佐藤二朗、『流浪の月』の松坂桃李と広瀬すず、『PLAN 75』の倍賞千恵子が決定。

さらに、本年度最も飛躍した男優・女優、もしくは顕著な活躍をした新人男優・女優を表彰する最優秀新進男優賞・女優賞は、『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』など多くの作品に出演した磯村勇斗、『アキラとあきら』『嘘喰い』でまた新たな魅力を発揮した横浜流星、『ちょっと思い出しただけ』『女子高生に殺されたい』の河合優実や、『MIRRORLIAR FILMS Season4』の伊東蒼が受賞した。


第14回TAMA映画賞 受賞作品及び受賞者

▼最優秀作品賞
『LOVE LIFE』
『ハケンアニメ!』

▼特別賞
芦田愛菜・宮本信子、及びスタッフ・キャスト一同(『メタモルフォーゼの縁側』)
小林啓一監督、及びスタッフ・キャスト一同(『恋は光』)

▼最優秀男優賞
佐藤二朗(『さがす』『truth 姦しき弔いの果て』『バイオレンスアクション』)
松坂桃李(『流浪の月』)

▼最優秀女優賞
倍賞千恵子(『PLAN 75』)
広瀬すず(『流浪の月』)

▼最優秀新進監督賞
片山慎三監督(『さがす』)
森井勇佑監督(『こちらあみ子』)

▼最優秀新進男優賞
磯村勇斗(『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』ほか)
横浜流星(『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC-12』)

▼最優秀新進女優賞
河合優実(『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思い出しただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』ほか)
伊東蒼(『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season4』)

「第32回映画祭TAMA CINEMA FORUM」は11月26日 (土) TAMA映画賞授賞式 パルテノン多摩大ホール、11月12日 (土) 〜 27日 (日) 各種上映プログラム 東京都多摩市内3会場(※休映日あり)開催。




(cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • 市民ボランティアが選考ってとこで読む気なくした。もうさ、記事内で市民って付くと胡散臭さしか感じなくなった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定