レアル・マドリード、破竹のCL3連勝! ロドリゴ&ヴィニシウス弾でシャフタールを撃破

0

2022年10月06日 05:58  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

レアル・マドリードがCL3連勝を記録 [写真]=Icon Sport via Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節が5日に行われ、レアル・マドリード(スペイン)とシャフタール(ウクライナ)が対戦した。

 昨シーズンの王者であるレアル・マドリードは今季のCLでも安定した戦いぶりを披露。ここまで2戦2勝と完璧なスタートを切っただけでなく、ラ・リーガとUEFAスーパーカップを含めた公式戦で全勝を記録していた。しかし、2日に行われたラ・リーガ第7節オサスナ戦を1−1のドローで終え、今季開幕から続いていた全勝記録は「9」でストップ。それでも負けなしはキープしており、気持ちを切り替えてCL3連勝を狙う。一方、シャフタールは6日に行われたグループ開幕節でライプツィヒ(ドイツ)を下すと、続くセルティック戦もドローで終了。1勝1分と上々のスタートを切って、昨季の王者に挑むこととなった。

 レアル・マドリードは直近のオサスナ戦からスターティングメンバーを2名変更。エデル・ミリトン、フェデリコ・バルベルデが先発に名を連ねた。正守護神のティボー・クルトワが負傷しているため、ゴールマウスは引き続きアンドリー・ルニンが守ることとなっている。一方、シャフタールは前節のCLセルティック戦からスタメン1名のみの変更でこの試合に臨んだ。

 試合は早々とレアル・マドリードが先制に成功。13分、ペナルティエリア手前で斜めのパスを受けたロドリゴが、強引な突破から右足を振り抜く。シュートはGKの手を弾いてゴールネットを揺らした。続く27分にもレアル・マドリード。カリム・ベンゼマが中央でボールをキープすると、バルベルデ、ロドリゴとパスが繋がる。ベンゼマからのリターンパスを受けたロドリゴが背後のスペースへボールを送ると、抜け出したヴィニシウス・ジュニオールが右足で逆サイドにシュートを沈めた。

 2点ビハインドとなったシャフタールは39分、左サイドからのクロスボールにオレクサンドル・ズブコフが反応。体を倒して左足でボレーシュートを狙うと、シュートはゴール左下に決まった。シャフタールが1点を返して、ハーフタイムに突入している。

 後半に入っても多くのシュートチャンスを作ったのはレアル・マドリード。52分にバルベルデ、64分にロドリゴ、73分にはオーレリアン・チュアメニがゴールに迫るが、いずれも得点には結びつかない。試合はこのままタイムアップを迎え、レアル・マドリードが無傷のCL3連勝を飾った。シャフタールは敵地で善戦したものの、今季のCLで初黒星を喫している。

 次節は11日に行われ、レアル・マドリードがシャフタールの本拠地に乗り込む。

【スコア】
レアル・マドリード 2−1 シャフタール

【得点者】
1−0 13分 ロドリゴ(レアル・マドリード)
2−0 28分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
2−1 39分 オレクサンドル・ズブコフ(シャフタール)
    ニュース設定