広瀬すず、松坂桃李、横浜流星ら最優秀賞受賞 第14回TAMA映画賞受賞作品&受賞者発表

0

2022年10月06日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

「第14回TAMA映画賞」最優秀女優賞を受賞した広瀬すず(『流浪の月』) (C)2022「流浪の月」製作委員会
第14回TAMA映画賞の受賞作品と受賞者が6日に発表。最優秀男優賞を佐藤二朗と松坂桃李、最優秀女優賞を倍賞千恵子と広瀬すずが受賞した。また、深田晃司監督『LOVE LIFE』と吉野耕平監督『ハケンアニメ!』が最優秀作品賞に輝いた。

【写真】松坂桃李、横浜流星ら「第14回TAMA映画賞」受賞者・受賞作

 2009年にスタートしたTAMA映画賞は、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品および監督・キャスト・スタッフを対象に市民ボランティアからなる実行委員が選考。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する。

 最優秀作品賞に選ばれた『LOVE LIFE』は、ミュージシャン・矢野顕子のアルバム『LOVE LIFE』に収録された同名曲をモチーフにした人間ドラマ。木村文乃が演じる主人公が、突然訪れた悲しい出来事によって家族の平穏が壊れ、それまでの日常が瓦解していく中で、それでもなお生き続けなければならない孤独を抱えながら「愛」と「生」に向き合う。
 
 同じく最優秀作品賞の『ハケンアニメ!』は、直木賞作家・辻村深月による同名小説の実写化。世界が注目する日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「覇権(ハケン)」を手にするべく奮闘する人々の姿を描く。吉岡里帆が主演し、中村倫也、柄本佑、尾野真千子らが共演した。

 最優秀男優賞・最優秀女優賞を受賞した松坂、広瀬がダブル主演を務める『流浪の月』は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説の実写化。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年を松坂が演じる。共演の横浜流星も最優秀新進男優賞を受賞した。

 授賞式はパルテノン多摩大ホールで11月26日に開催。東京都多摩市内3会場にて11月12日〜23日に各種上映プログラムが実施される。

※第14回TAMA映画賞 受賞作品・受賞者は以下の通り。

<第14回TAMA映画賞 受賞作品・受賞者>

■最優秀作品賞
『LOVE LIFE』
深田晃司監督およびスタッフ・キャスト一同

『ハケンアニメ!』
吉野耕平監督およびスタッフ・キャスト

■特別賞
芦田愛菜・宮本信子およびスタッフ・キャスト一同
『メタモルフォーゼの縁側』

小林啓一監督およびスタッフ・キャスト
『恋は光』

■最優秀男優賞
佐藤二朗
『さがす』『truth 〜姦しき弔いの果て〜』『バイオレンスアクション』

松坂桃李
『流浪の月』

■最優秀女優賞
倍賞千恵子
『PLAN 75』

広瀬すず
『流浪の月』

■最優秀新進監督賞
片山慎三監督
『さがす』

森井勇佑監督
『こちらあみ子』

■最優秀新進男優賞
磯村勇斗
『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』ほか

横浜流星
『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC‐12』

■最優秀新進女優賞
河合優実
『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思いだしただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』ほか

伊東蒼
『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season3』
    ニュース設定