華原朋美、『週刊文春』の“極秘離婚”報道をキッパリ否定 夫は懇願「妻にストレスを与えないで」「大事なときなんです」

0

2022年10月06日 14:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

「私たちは離婚していません」と報道を否定した華原さん(画像はYouTubeから)

 歌手の華原朋美さんが10月6日にYouTubeチャンネルを更新。夫との極秘離婚を報じた写真週刊誌『週刊文春』の記事を読みあげながら、「私たちは離婚していません」ときっぱりと否定しています。



【画像】華原さんと大野さんの夫婦ショット



 華原さんは2021年8月、当時の所属事務所「株式会社伝元」社長の大野友洋さんと結婚。2022年5月10日に「文春オンライン」で大野さんの婚姻歴や元妻へのDV疑惑、養育費の未払い問題が報じられると、華原さんは「私はだまされて結婚してしまったんです」「彼のウソを見抜けなかったことにすごく後悔しています」と落胆した様子で説明していました。



 その後は大野さんの誕生日に花束と時計のプレゼントを贈った他、第2子妊娠を目指して妊活に励んでいることを公表するなど、夫婦関係が修復したことをうかがわせていた華原さん。しかし、10月5日には「文春オンライン」で極秘離婚が報じられました。



 華原さんは同報道を受けてブログを更新し、同誌から届いた大野さんとの離婚などに関する質問状に回答していたことを報告。実際の質問状を公開した上で、「週刊文春様へお電話致しましてお答えしたのと全く異なる文章が記載されています」と報道内容に異議を唱えていました。



 6日に極秘離婚の記事が掲載された本誌が発売されると、華原さんは「本日発売週刊文春の雑誌の記事について」のタイトルでYouTubeに動画を公開。10分ほど掛けて記事を全て読みあげた上で、「私たちは離婚していません」「私は大野さんからDVを受けたことは一度もありません」など夫婦仲は良好であることを説明した他、記事の内容を細かに取り上げながら一つ一つ訂正しています。



 また5月に発覚した大野さんの婚姻歴については、「前のことはどうでもいいです。今が幸せなんで! 私たち家族は仲良くやってます」と全く引きずっていないという華原さん。一通り誤情報の訂正を済ませると、「いいかげんだなぁ」「中身がない空っぽな記事」など痛烈に批判していました。



 最後には動画撮影に同席していた大野さんが、「皆様にお願いなんですが、今は妻は不妊治療という本当に痛くて、本当に大変で、本当につらい治療をしているとこなんです。ぼくが原因でもありますが、とにかく妻にストレスを与えないでください。今一番大事なときなんです、これからなんです」「文春さん、本当にそっとしてください」と懇願。その言葉を聞いた華原さんは目頭を押さえてすすり泣くと、「すみません、ありがとうございました」と声を震わせていました。


    ニュース設定