『ぐりとぐら』シリーズの山脇百合子さん、80歳で逝去 シェーグレン症候群による衰弱死

455

2022年10月06日 16:52  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

山脇さんの代表作『ぐりとぐら』(出典:Amazon.co.jp)

 人気絵本『ぐりとぐら』シリーズの挿絵を担当した画家で絵本作家の山脇百合子さんが9月29日に亡くなりました。シェーグレン症候群による衰弱死。80歳でした。



【画像】代表作の1つである『そらいろのたね』



 版元である「福音館書店」によると、告別式は既に近親者によって執り行われたとのこと。



 山脇さんは1941年、東京都生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。高校3年生のとき、同人誌に掲載された姉・中川李枝子さんの童話『いやいやえん』に挿絵をつけたことがきっかけで絵本作家の道へ。



 1963年には李枝子さんとの共作『ぐりとぐら』を発表。同作は食べることや料理することが大好きなネズミの「ぐり」と「ぐら」と、彼らを取り巻く仲間たちの和やかな交流を描いた作品で海外でも翻訳出版されています。シリーズ化の累計発行部数は、関連書籍を含め2150万部に達しています。



 他にも山脇さんは『いやいやえん』『そらいろのたね』などの人気作品の挿絵も担当。2013年には中川さんとともに、第61回菊池寛賞を受賞しています。


このニュースに関するつぶやき

  • #いやいやえん #ぐりとぐら、どっちも読んでた!哀悼の意を表します。在主。
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(164件)

前日のランキングへ

ニュース設定