巨人、ソフトバンクは「主役」じゃない? 今オフ積極補強に動くかもな“意外な2球団”

6

2022年10月06日 18:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

近年では広島からFAの丸佳浩を獲得するなど巨人がオフの主役になることが多かったが…
クライマックスシリーズ(CS)の開幕を目前に控えているが、来季を見据えた動きは既に水面下で始まっている。FA権を取得している各球団の主力や、米国から国内に復帰する可能性がある選手など、今オフは大物が数多く市場に出回ることが予想される。久しぶりに活気ある熱いストーブリーグになりそうだ。


【写真】巨人が獲得調査との噂もある選手とは
「近年の広島やヤクルトでは、FA権を持った主力選手が相次いで残留した。どの選手も移籍もあると見られていたので驚きの声も上がった。しかし、これらは特殊な例で人間関係などを含めたプレー環境が(所属していた球団で)飛び抜けて良かったからで、今季は分からない」(スポーツマネージメント会社関係者)


 ここ数年は球界全体を見回してもオフに大きな動きはなかった。昨年には広島の大瀬良大地、九里亜蓮という右腕2枚看板が揃って残留。それ以前にも広島はリーグ3連覇時の中心選手だった菊池涼介、田中広輔、松山竜平、会沢翼など、多くの選手がFA権取得後に残留の道を選んだ。


 また、2020年オフのヤクルトも「ミスター・トリプルスリー」山田哲人、守護神・石山泰稚が国内FA権を行使せずチームに残留。また、一度はFAを宣言したエース・小川泰弘も交渉の末にチームに残ることを選択した。


「プロ野球選手の寿命は短く、安定したセカンドキャリアを送ることができる選手も少ない。ファンからすると複雑な思いもあるだろうが、ビジネスライクに考えるのは当然の権利。広島やヤクルトの選手たちが特殊だっただけ。(今オフは)FA権を取得した実績のある選手は動く可能性は高く、市場も活発になるはず」(スポーツマネージメント会社関係者)


 今年のオフは投打ともにFA権を取得した“目玉”が多い。仮に彼らが権利を行使した場合は、例年通り巨人、ソフトバンク、阪神、楽天といった資金力豊富な球団が存在感を発揮するのは変わらないだろう。だが今年は、これらの球団に加えて、これまではオフを騒がせることが少なかった球団が、話題をさらう可能性があるという。



 その一つがオリックスだ。


「オリックスは積極的に動きそう。他球団に比べて資金力も決して劣らない。二軍施設等、ハード面の充実を図ったことで若手育成の土壌ができ始め、2年連続パ・リーグ制覇という結果にもつながった。勝つことでお客さんも入った。今後は選手(=ソフト面)の獲得に投資する次のフェーズに突入するはず」(オリックス担当記者)


「浅村栄斗(楽天)、森友哉(西武)という2人の大阪桐蔭OBがFAの権利を持っている。捕手と二塁手はレギュラーが固定できておらず、補強ポイントに合致するので全力で獲得に動くはず。加えて中日を退団となった平田良介も同校のOB。3人全て獲得できれば話題性を含め最高の補強となる」(在京球団編成担当)


 オリックスは2017年からファームの拠点が神戸から舞洲へ移転した。舞洲スタジアムを二軍本拠地とし、周囲には選手寮やサブ球場を30億円かけて建設。充実した野球環境を整えたことで、若い選手たちがしっかりと育っている。主力の多くを生え抜きで固めて戦い、リーグ制覇という結果も残した。今後、黄金期を作るためにも、さらなる戦力補強が欠かせない。


 また、オリックス同様に積極補強に動く可能性があるという声があるのがDeNAだ。


「DeNAにも動きがありそう。球団買収から地域密着を徹底し、本拠地・横浜スタジアムを中心とした街づくりに取り組んだ。横浜市民のみでなく神奈川県民が誇れる球団になり、チケットが入手困難な超人気球団になった。今後は勝つことで知名度をさらに上げ、全国、そして世界に誇れる球団を目指す。そうなってくると戦力補強への投資が欠かせない」(DeNA担当記者)


 ベイスターズは2011年にDeNAが親会社となってからは、地域密着を前面に打ち出しファンサービスに特化。球場を改修し、観客が楽しめるサービスを徹底して多くのファンを取り込むことに成功したが、次なる目標は勝てるチームを作ることだ。


「今後は野球で結果を出すための投資が必要。左腕王国となった投手陣は充実しつつあり、打線もソト、オースティンの両外国人が機能すれば球界屈指。牧がセカンドの不動のレギュラーとして活躍しているが、ショートはまだ固定できていないため、二遊間強化は課題です。FA権を持つ外崎修汰(西武)、中村奨吾(ロッテ)、高橋周平(中日)などは狙い目。狭いハマスタなら打撃成績のアップも期待できる」(在京球団編成担当)



 DeNAはオリックス同様、ファーム施設の整備も行なっている。2019年からは横須賀市が30億円、球団が10億円の計40億円かけて建設した「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」を使用し、そこから多くの選手が一軍へと旅立っている。


「チームが前進し続けるためには勝つことも必要不可欠で、日本ハムが良い例。鎌ヶ谷に若手育成施設を作り、ダルビッシュ有(パドレス)、大谷翔平(エンゼルス)など良い選手を育成して結果も出た。サービスも徹底してファンも増えた。しかし良い選手がいなくなり勝てなくなると、お客さんは離れる。時期が来たらチーム強化への投資も必要」(スポーツマネージメント会社関係者)


 若手育成を行うための充実した拠点が必要なのは言うまでもない。ファンサービスを充実させ顧客を満足させるのも当然のこと。そして、球団がさらに進化ををするためにも、選手補強への投資も同時に必要となる。オリックスとDeNAは今、まさにその時期に差し掛かっている。両チームが今年のストーブリーグでどういった動きを見せるかに注目して欲しい。


このニュースに関するつぶやき

  • オリックスは、暗黒時代でも補強には金を惜しまなかった。ハズレも多かったけど。ただ、浅村は会ってすらもらえなかったんじゃ。また行くかなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定