渋谷パルコでアートの祭典が開催 ジュリアン・オピーのVR作品を世界初公開

0

2022年10月06日 18:21  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2022」

Image by: 渋谷パルコ
渋谷パルコのアート企画「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2022」が、10月7日から23日まで開催される。館内の24拠点で約30のアート・カルチャーイベントを展開する。

 渋谷パルコの4階に位置する「PARCO MUSEUM TOKYO」では、イギリスの現代アーティスト ジュリアン・オピー(Julian Opie)による個展「OP.VR」と若手クリエイターの祭典「P.O.N.D」を開催。OP.VRでは同氏の世界初公開となるVR作品を発表し、P.O.N.Dには若手クリエイター52組が集結する。
 8階の「WHITE CINE QUINTO」ではドキュメンタリー映画「メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ス
トーリー」を先行公開。同作では、1990年代にモードメイク界に革命をもたらしたメイクアップアーティスト ケヴィン・オークイン(Kevyn Aucoin)の波乱万丈の人生に迫る。同じく8階の「ほぼ日曜日」では、1987年に36歳の若さで亡くなった写真家 牛腸茂雄の個展を開催。会場では約100点の同氏の作品に加えて、ギャグ漫画家の和田ラヂヲが鑑賞者を案内する映像を公開する。
 屋上の「ComMunE」では、毎週末にアートイベントを実施。画家 五木田智央の新刊刊行を記念したポップアップイベントや「良質なカオス」をコンセプトに掲げるオルタナティブスペース「MIDORI.so」によるフェスティバルなどを開催する。
 このほかアートウィークに合わせて「ツージー(2G)」「OIL by 美術手帖」などでギャラリー企画、「Discover Japan Lab.」「ビューティフル ピープル(beautiful people)」「スターバックス(STARBUCKS)」といった店舗ではショップ企画を展開。ポップアップ企画として、落合宏理が手掛ける「ファセッタズム(FACETASM)」やイタリアのシューズブランド「セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)」が期間限定店を出店する。対象店舗で配布される「ART PASSPORT」には館内各所のアートイベントの情報が記載されており、所有者にはノベルティをはじめとしたサービスが提供される。

■SHIBUYA PARCO ART WEEK 2022会期:2022年10月7日(金)〜10月23日(日)会場:渋谷パルコ所在地:東京都渋谷区宇田川町5-1公式サイト
    ニュース設定