カロリーを帳消し!?食後に飲むべき痩せドリンク4つ

1

2022年10月06日 19:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

美味しいお料理は、つい食べ過ぎてしまうものですよね。後悔で落ち込んでしまう前に、賢く食後のドリンクを選んでみましょう。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、食後に飲むことで痩せサポートが期待できるドリンクをご紹介します。

■脂肪燃焼&代謝アップ効果のあるドリンクが最適

食べ過ぎたあとに罪悪感を減らし、ダイエット効果を狙っていくなら、脂肪燃焼と代謝アップの働きが期待できる飲み物を選ぶのがベストです。

もちろん、ノンカロリー、ローカロリーであることも欠かせません。

さらに、食後の気分をリラックスさせてくれる作用があれば、より理想的です。

■ポイントは、冷たくして飲まないこと

食後に飲むのに、キンキンに冷えたものは避けましょう。

からだを冷やすことは、代謝ダウンにつながります。温かい飲み物か、常温のものがおすすめです。

■食後に飲むべき痩せドリンク4つ

(1)もろみ酢ドリンク

もろみ酢に含まれるアミノ酸には、脂肪を効率的に燃やしてくれる効果があります。

さらにもろみ酢にはクエン酸が豊富に含まれていて、こちらも脂肪の燃焼をうながします。

お水やお湯2に対して、もろみ酢1の割合で割って飲むといいでしょう。

(2)コーヒー

コーヒーから摂取できるクロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きがあることがわかっています。

さらに、コーヒーに含まれているカフェインにも、体内の熱産生を促し、脂肪の蓄積を抑える作用があります。

食後にはブラックでゆっくりと楽しみましょう。

(3)緑茶

緑茶に含まれるカテキンには、肥満を予防する働きが認められています。

体脂肪の減少にも役立ちますので、できれば日常的に飲んでいただきたいドリンクです。

ちなみにカテキンは緑茶のほか、紅茶烏龍茶ほうじ茶などにも含まれているので、そのときの気分で飲み分けるのもいいでしょう。

(4)しょうが湯

しょうがは、からだを温めてくれる代表的な食材です。

おろしたしょうが小さじ1に150mlのお湯を注いで、お好みではちみつを加えたしょうが湯は、血行をうながすことで代謝アップにつながり、消化を助ける働きもあります。

しょうがの食物繊維も、糖分や脂質の吸収を抑えてくれます。

「食べ過ぎてしまったから、今日はもういいわ」と諦めて、さらにアルコールや甘いジュースに手を出すのは得策ではありません。食べたあとも投げやりにならずに、ダイエットをサポートしてくれるものをとっていくことが大事です。美味しく味わったら、最後は頼れる飲み物で締めてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定