藤子・F・不二雄“SF短編シリーズ”の原画展、藤子・Fミュージアムで1年にわたり開催

5

2022年10月06日 19:31  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

「藤子・F・不二雄のSF短編原画展―Sukoshi・Fushigiワールドへの招待―」ポスター
「藤子・F・不二雄のSF短編原画展―Sukoshi・Fushigiワールドへの招待―」が、10月22日から神奈川の川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム2階の展示室IIで開催される。

【大きな画像をもっと見る】

「ドラえもん」の連載が始まる前年の1969年、児童マンガのタッチはほとんど変えず、大人向けに「ミノタウロスの皿」を発表した藤子・F・不二雄。その後SF読み切りマンガをさまざまな雑誌で発表するようになり、これらの作品群は「SF短編シリーズ」として人気を博した。

今回の展覧会では、藤子・F曰く「S=すこし F=ふしぎ」な世界を表現した「SF短編シリーズ」の原画を約1年にわたり展示。会期を3回に分けて、約4カ月ごとに展示原画が入れ替えられる予定だ。第1期は「ミノタウロスの皿」「アン子 大いに怒る」「流血鬼」などのタイトルが登場。「行け!ノビタマン」など「ドラえもん」の中から「SF短編シリーズ」の題材に共通点が見られるエピソードも展示される。

また原画展の開催を記念し、「ミノタウロスの皿」の皿、アクリルペンスタンドというグッズを販売。ミュージアム公式オンラインストアでは「カンビュセスの籤」「ヒョンヒョロ」のイラストを用いたスケートボードデッキが受注商品として用意された。さらにミュージアムカフェでは「『ミノタウロスの皿』〜うんと食べなきゃいやよケーキ〜」「『流血鬼』〜紅いカシスフロート〜」が提供される。

■ 「藤子・F・不二雄のSF短編原画展―Sukoshi・Fushigiワールドへの招待―」
会期:2022年10月22日(土)〜2023年10月中旬(予定)
場所:神奈川県 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 2階 展示室II

このニュースに関するつぶやき

  • ウルトラ・スーパー・デラックスマンが好きだった
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定