カタカタカタカタ…「地震!?」と思ったら上司の貧乏ゆすりだったとき! 不快にさせず注意する方法

2

2022年10月06日 21:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

自分のデスクにまで振動が伝わるほどの上司の「貧乏ゆすり」。やめてもらいたいけど言いにくい……。コミュニケーションの専門家が、カドの立たない伝え方をご紹介します。
カタカタカタカタ……、自分のデスクにまで振動が伝わるほどの上司の貧乏ゆすり! やめてもらいたいけど、実際には言いにくいですよね。

職場でそんなストレスを抱える方に向けて、コミュニケーションの専門家・藤田尚弓が、カドの立たない伝え方をご紹介します。

カタカタカタ…地震!? 貧乏ゆすりがひどすぎて無理!

視界に入るだけでも気になる人は気になってしまう「貧乏ゆすり」。デスクに揺れを感じるというのは、当事者にとってかなり辛いことです。

なるべく早く、働きやすい環境を作るためのアクションを起こしましょう。相手が上司だと言い出しにくいと思うので、以下の3つの段階を順番に試してみてください。

第1段階:こっそり机を離す

離すスペースがあったり、机が重すぎない場合には、机を離してみると、とりあえず地震のような揺れからは解放されると思います。

私たちは相対的に感じる生き物ですから、地震級の揺れがあった状態から、視界に入るだけの貧乏ゆすりにグレードダウンすると、意外に快適に過ごせてしまう可能性もあります。まずは、机が離せるかどうか、トライしてみてください。

第2段階:相手に“わかるように”机を離そうとしてみる

「こっそり机を離すことができなかった場合」や「机を離したものの、不快感が減少しない場合」に試してください。

貧乏ゆすりについて言い出せないという人も、机を離すアクションで「あれ、どうしたの?」と上司に声をかけられれば、「机が揺れるので……」と、言い出しやすくなります。

このような言い方であれば「悪い! 気をつけるわ」といったリアクションを引き出しやすくなるので、改善してもらうためにどう伝えればいいのか、迷っている人にもおすすめです。

第3段階:「ご相談」してみる

どれだけ大変かを訴えたところで、批判されたと受け止められてしまうのは損です。改善をお願いするやり方も、対立のニュアンスが混じってしまいやすいものです。

「実は困っていることがあって……」
「どうしたの?」
「それが……あの……言い出しにくいんですが、実は」

という形で言い出しましょう。相談という形をとることで、批判や対立のニュアンスをカバーできます。

指摘される恥ずかしさは、怒りの感情や攻撃的な物言いに結び付きやすいので、「相手を責めていない」というニュアンスは非常に重要です。声のトーンや表情に十分気をつけながら、困った顔をして相談してみてください。

<イラスト>カツヤマケイコ

藤田 尚弓プロフィール

株式会社アップウェブ代表取締役。社会心理学領域のコミュニケーションの専門家として、企業研修や研究・執筆、早稲田大学オープンカレッジ講師、TVコメンテーターなど幅広く活動。日本社会心理学会、日本応用心理学会所属。
(文:藤田 尚弓(話し方・伝え方ガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • 第4段階:Teamsでグループ内に地震速報を展開する。震源地も解ってくれる。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定