「Pixel 7」シリーズ正式発表 新チップ「G2」でカメラ機能強化 8万2500円から

22

2022年10月07日 00:31  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

Pixel 7/7 Proを正式発表

 米Googleは10月6日(現地時間)、新型スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」を発表した。5月の「Google I/O」で予告していたもので、価格はPixel 7が8万2500円(米国では599ドル)から、7 Proは12万4300円(同899ドル)から。日本のGoogleストアでも予約受付を開始している。また、I/Oで予告したPixel Watchも正式発表した他、Pixel Tabletも新情報を公開した。



【その他の画像】



 外観は、「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」を引き継ぎつつも、カメラ周りをアルミが覆うデザインに刷新した。また、6/6 Proで初めて搭載された独自チップは新型「Google Tensor G2」を搭載している。メモリは7が8GB、7 Proが12GB、ストレージは128GB/256GB。7 Proだけ512GBが用意する。



 Pixel 7は6.3インチディスプレイ、Pixel 7 Proは6.7インチディスプレイ(10-120Hzの可変リフレシュレート)を採用。前モデルより、輝度を25%向上させた。画面内指紋認証に加え、顔認証によるロック解除にも対応した。



 カメラは、広角が5000万画素、超広角が1200万画素。Pixel 7 Proは、4800万画素の望遠カメラを搭載する。望遠カメラは、6 Proの4倍ズームから5倍ズームに刷新され、画質が向上したという。超解像ズームは30倍まで対応する。



 また、G2の搭載でカメラの処理速度を高速化。ナイトモード時の画像生成時間を短縮したほか、マシンラーニングで広角カメラと超広角カメラで取得した画像から被写体のブレを抑える「Photo Unblur」を搭載。ズーム時の画質も改善された。新たに、「Guide Frame」機能を搭載し、ベストな自撮りの構図をレコメンドしてくれる。



 動画撮影も強化しており、10bit HDR撮影に対応したほか、被写体の背景をぼかした動画撮影が可能な「Cinematic Blur」を搭載。動画撮影時の環境ノイズをキャンセリングする機能もある。このノイズキャンセリングは通話時にも適用される。



 その他、G2は高度な音声認識を利用可能。文字起こしできるボイスレコーダーも強化しており、複数の話者を識別して記録できるようになった。こちらは日本語で対応するか現時点で不明だ。



 セキュリティチップ「Titan M2」を搭載。5年間のセキュリティアップデートも提供する。ウェルネスデータを含むパーソナルデータなどは端末内で処理され、Googleには送信されない。不正なアプリを検知して通知/アンインストールする機能も近日実装予定という。


このニュースに関するつぶやき

  • 展開速い。iPhoneに比べて安い。つまり!
    • イイネ!0
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(14件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定