アーセナルがヴィエイラの1G1Aなどで3発快勝!…冨安はフル出場、左右のSBでプレー

0

2022年10月07日 05:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

1ゴール1アシストを記録したヴィエイラ [写真]=Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・グループA第3節が6日に行われ、アーセナル(イングランド)とボデ・グリムト(ノルウェー)が対戦した。

 直近のリーグ戦ではトッテナムに快勝した好調のアーセナル。ELでは第2節のPSV戦が延期となっていたなか、開幕節に続く連勝を狙ってホームにボデ・グリムトを迎えた。トッテナム戦からはガブリエル・マルティネッリ、グラニト・ジャカ、ガブリエル・マガリャンイスのみが継続して先発出場し、右サイドバックには冨安健洋が起用された。

 まずチャンスを迎えたのはホームのアーセナル。キーラン・ティアニーのクロスをエディー・エンケティアが落とすと、ファビオ・ヴィエイラが左足を振り抜いたものの、シュートはクロスバーをかすめ得点とはならず。続く23分には、カウンターからマルティネッリが持ち運び展開すると、攻め上がったティアニーが強烈なシュート。ボールはポストに直撃すると、跳ね返りをエンケティアが押し込んで先制した。

 さらに27分、アーセナルはCKの流れから、ヴィエイラがフェイントから正確なクロスを上げると、ゴール前で合わせたのはロブ・ホールディング。ヘディングでゴールネットを揺らし、追加点を奪った。その後は冨安が見事なインターセプトでピンチの芽を摘むシーンもあり、アーセナルがリードを維持して前半を終えた。

 後半に入ると、58分にアーセナルはガブリエル・ジェズス、マルティン・ウーデゴーア、ブカヨ・サカの主力3枚を同時投入。ジャカやマルティネッリらを週末に向けて休ませた。さらに、ペースダウンしてスコア変わらず進んだ70分には、ティアニーに代えてベン・ホワイトを投入し、冨安が左サイドバックへと移った。

 ボテ・グリムトがボールを握る時間も続きつつ、アーセナルは78分に試合を決定づけるチャンスを迎える。ウーデゴーアのスルーパスからエンケティアが一対一を迎えるも決めきれない。それでも85分、左サイドからG・ジェズスが抜群のボールタッチとボディバランスで2選手を突破すると、折り返しをヴィエイラが決めて3点目を手にした。

 試合はこのまま終了。アーセナルはボデ・グリムトをクリーンシートで下し、ELでの連勝を達成した。

 次節は13日に行われ、ボデ・グリムトが本拠地にアーセナルを迎える。

【スコア】
アーセナル 3−0 ボデ・グリムト

【得点者】
1−0 23分 エディー・エンケティア(アーセナル)
2−0 27分 ロブ・ホールディング(アーセナル)
3−0 85分 ファビオ・ヴィエイラ(アーセナル)
    ニュース設定