元ピクサー・堤大介初の長編アニメ監督『ONI〜神々山のおなり』予告編 日本版キャストに白石涼子、新井里美、上田麗奈、沢城みゆきら

0

2022年10月07日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

Netflixシリーズ『ONI 〜 神々山のおなり』キービジュアル (C)2022 Netflix
Netflixにて10月21日配信スタートする堤大介監督の初長編アニメーション『ONI 〜 神々山のおなり』より、日本語版の予告編が解禁。併せて、日本語版キャストを白石涼子、新井里美、上田麗奈、沢城みゆきらが務めることが発表された。

【動画】Netflixシリーズ『ONI 〜 神々山のおなり』日本版予告

 本作は、日本の民話を思わせる神さまや妖怪たちの世界を舞台に、親子の絆や友情を描く。“理想の自分”と“現実の自分”の間で揺れながら成長する主人公の少女おなり。見えないものに恐れを抱く心の闇と、そこに差し込む真実の光とは−。

 『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』など、ピクサーでアートディレクターとして世界的ヒット作を手がけ、2014年に自身のスタジオ「トンコハウス」を設立後、短編作品ではあまたの世界的な賞を受賞してきた堤大介が、監督として手がける初めての長編アニメーションとなる。日本のCGスタジオ「Megalis VFX」「マーザ・アニメーションプラネット」「アニマ」と共に、全編フルCGアニメーションで美しく鮮やかな世界を作り上げた。

 予告編に映し出されるのは、感情を揺さぶる光の表現と最高峰のCGチームが手がける映像美。魅力的なキャラクターや壮大なサウンドトラックまで、こだわり抜いて制作された本作の魅力が徐々に明らかに。

 日本語版で主人公おなりを演じるのは、『機動戦士ガンダム00』『ハヤテのごとく!』などに参加している声優・白石涼子。おなりの親友かっぱ役は『Re:ゼロから始める異世界生活』などで活躍する声優・新井里美。さらに、おなりの母親役を務めた声優・沢城みゆきは日英どちらの声も務める。

 10月1日、世界公開に先駆け、トンコハウスの拠点である米サンフランシスコで本作のワールド・プレミア上映会が行われた。会場はいまも国際映画祭が開かれる「カストロシアター」。約850名の観衆が鑑賞。上映後の会場はスタンディングオベーションに包まれた。

 Netflixシリーズ『ONI 〜 神々山のおなり』は、Netflixにて10月21日より全世界配信(全4話)。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定